人と人、心と心をつなぐ。
障がいが重くても、地域で当たり前に暮らしたい。
障がいが重くても、地域で当たり前に暮らしたい。
障がいが重くても、地域で当たり前に暮らしたい。
地域との絆がある。
親も子どもと一緒に歩んでいく。
障害者も、健常者も、高齢者も、若者も、誰もが暮らしやすいまちにー。

お知らせ

2017.10.06
10月6日発行の最新版、第313号「シャイニング」を発行しました。夢工房の長崎旅行の報告やオムツ研修報告、開設2年目に入った久留米市障害者基幹相談支援センターの報告を掲載しています。ぜひご覧ください。
2017.09.13
8月17日(木)、「ポレポレ夏祭り」を行いました。利用者さんが準備から販売、接客までを経験。「フランクフルト」や「カキ氷」、初めての「たこ焼き」にも挑戦しました。これからも、誰もが活躍できる場を作っていきたいと思います。
2017.09.12
9月1日(金)の防災の日、給食(昼食)は避難食をみんなで食べました。「避難食を食べよう会」では、利用者さんやスタッフの前でアルファ米(五目ごはん)を実際に作りました。いざという時に動揺せずに安心して食事ができるように、日々改善・改良しながら備蓄していきたいと思います。
2017.09.12
8月1日(月)、安武八幡神社で行われた「よど祭り」に参加しました。今年で2回目の参加。「たこ焼き」「カキ氷」を出店し、地域の皆さんに喜んでいただきました。今後も安武町を盛り上げていきたいと思います。
2017.09.01
9月1日、第312号「シャイニング」を発行しました。「きずな新聞」の発行や10月・11月実施の健康診断のお知らせ、地域支援課による「町で働き、町で暮らし続ける」を掲載しています。ぜひご覧ください。
過去の情報
事業・活動 商品・販売 コミュニティづくり 通信 TOPICS イベント 研修