社会福祉法人 拓く

お知らせ (事業・活動)

2020年9月、今年も台風の時期がやってきました。職員総出で対応。地震・大雨・新型コロナに加え、台風・停電・断水など必要な備えを、今一度見直し、取り組んでまいります。

 k h

 

年々、自然災害が増す中で、台風も例外ではありません。

9月初旬、特別警報級(中心気圧930hpa以下、最大風速50m/s以上)の台風10号が接近、または上陸するおそれがあると発表されました。

6日夜から7日朝にかけて最接近が予想される前々日の金曜日、被害を最小限に抑える為に、できる準備を地域の先輩方に聞いたり、ネットで調べたり、必要な段ボールや養生テープの確保に走り回りましたが、すでに完売している店がほとんどで、手に入れる事が困難な状況でした。ストックしていた分と業者さんに依頼をして何とか間に合いましたが、常日頃から準備しておく事の重要性を感じました。

夕方、利用者さんが帰宅されてから、職員総出で窓ガラスに段ボールや養生テープを米印に貼り、飛散防止対策や断水を考慮して、あちらこちらに水を溜める作業を行いました。

また、停電にも備え、発電機の試運転や携帯等の充電、公用車のガソリンも満タンにするなど対応に追われました。

 

 d c

 

翌土曜日は、各事業所の状況確認を行い、日曜日は災害対策会議をオンラインにて実施。月曜の対応や各家庭の状況の聞き取りを行い、対応を協議。情報共有はLINEにて行いました。

施設外就労はスタッフが前泊して職務を遂行し、ご自宅で過ごす事が不安に思われているご家族はグループホームやポレポレに避難していただき、スタッフも一緒に一夜を過ごしました。今回の台風は警戒していたよりも勢力が弱まり、大きな被害を受けずによかったと思います。

 

「出会いの場ポレポレ」が開所して19年になりますが、窓ガラスを補強したのは初めてでした。地震・大雨・新型コロナに加え、台風・停電・断水など必要な備えはそれぞれ異なりますが、今できる備えを今一度見直したいと思います。

 

 

m

 

 

6月10日、「出会いの場ポレポレ」にて、利用者さんの成人式前撮り会を行いました。早めの、成人おめでとうございます!

 gき 

純子さん、振袖、お化粧も。素敵です。当日、着付け、ヘアメイクのご協力を戴きました皆様、有難うございました。

 

 

純子さん。早めの、成人おめでとう!

 

拓くの利用者さんの一人、西村純子さんの成人式前撮り会を、6月10日、「出会いの場ポレポレ」にて行いました。

純子さんは、2021年の1月に20歳になられ、「成人」という節目を迎えられます。

世間は「コロナ」という感染症が広まり、制限される日々。宣言が解除された今日でも、以前の日常にはなかなか戻れていません。しかしそんな今だからこそ、楽しく明るいことをしよう!!と前撮り会を行うことに。

純子さんのお母さんにお話をし、日取りや着物のご相談をさせていただき、「是非!」と、お返事をいただきました。

前日まで、ポレポレの皆さんには飾り作りをお願いしたり、当日着付けやメイクをしてくださる方々へのお声掛けをさせていただきました。

 

前撮りの当日! 雨の予報だったのに、カラッと外は晴れて、明るい撮影日和になりました。

可愛らしい表情をカメラに向けておられる純子さん。そんな純子さんを横目に、最初に出会った時のことを思い出しました。

思えば私が初めて出会ったのは、純子さんが高校2年生の実習の時でした。最初の実習事前打ち合わせで、ポレポレに来られた時の純子さんの初々しさを鮮明に覚えています。医療的ケアを必要とされる方は、当時、ポレポレにはまだ少なく、純子さんのお母さん、学校の先生、渡邊さんと話しながらのスタートとなりました。

はじめは不安な気持ちがあり、「何かあってはいけない」と強く思い、慎重に活動をしていました。しかし、一緒に過ごしていくうちに、純子さんのことをもっと知りたい、関わりたいとも思うようになりました。

実習も何度か来ていただき、1回目より2回目、2回目より3回目と、声を掛ける方や関わる方が増えていき、純子さんの表情も回数を重ねるごとに柔らかくなっている気がして嬉しかった思い出が蘇ります。

 

純子さん、お母さん、おめでとうございました。

また、ポレポレの利用者の皆さん、スタッフの皆さん、当日までにお手伝いくださった皆さん、本当にありがとうございました。感謝申し上げます。

純子さんのこれからの人生が輝き、楽しい日々であることを願っています。 (職員 碇)

 

 

6月16日より、有限会社人仁様との惣菜・弁当の製造委託業務がスタートしました。私たちの新しいチャレンジです。職人さんと一緒の仕事に、ワクワクドキドキ。お役に立てるよう、しっかり頑張りたいと思います。

IMG_1961IMG_1973

 

6月16日からスタートしました有限会社人仁様との惣菜・弁当の製造委託業務では、職人さんが調理し、利用者さんと職員がお弁当の盛り込みやお寿司のパック詰め、野菜洗いや切り込み等の作業をしています。職人さんがとても丁寧に教えてくださり、利用者さんもとてもうれしそうに作業をされています。

慣れない作業もありますが、これまで、カフェで11年間、培ってきた技術が活かされていることを実感しています。

新しいチャレンジに緊張しながらですが、職人さんと一緒の仕事に、ワクワクドキドキ。お役に立てるよう、しっかり頑張りたいと思います。

 

IMG_2003IMG_2001

6月5日、閉店を迎えた「FOODS CAFÉ YUME(フーズカフェ 夢)」に、感謝状と歌のプレゼントをいただきました。地域の皆様、11年間有難うございました。「夢工房」は、今まで通り、クッキーやバナナケーキ、プリン等を販売中! 宜しくお願いします。

 

InkedIMG_2009_LI11 IMG_20088

音楽集団「Eオケ」実行委員会の皆様と一緒に歌い、感謝状もいただき、最高でした!

 

「FOODS CAFÉ YUME(フーズカフェ 夢)」は、2020年6月5日をもちまして閉店いたしました。11年の長い期間、ご来店いただき有難うございました。

カフェを始めた頃は、利用者さんもスタッフも慣れることで精いっぱいの日々でした。お客様が来られると、レジの前で怖くなり、すぐにスタッフを呼び、「いらっしゃいませ」「有難うございます」が言えずにいましたが、いつのまにかスムーズに出来るようになりました。これも、地域の皆様、久留米大学、南筑高校等、多くの皆様による、たくさんのあたたかい応援があったからだと心から感謝しています。

閉店の日、南筑高校の蒲池先生が、音楽集団「Eオケ」実行委員会の皆様と電子ピアノを持ち込んでご来店され、「YUMEカフェ」の最後にと、感謝状と歌のプレゼントをいただきました。思いがけないサプライズにビックリ。開店当初からのお付き合いでしたから、いろいろな場面を思い出し胸いっぱいになりました。

「夢工房」は、今まで通り、クッキーやバナナケーキ、プリン等をお店で販売しています。

今後は、地域で新たなお店の展開が出来るように力をつけていきたいと考えています。

これからも応援、宜しくお願いいたします。  (夢工房 山本眞理子)

 

「FOODS CAFÉ YUME(フーズカフェ 夢)」閉店のお知らせ → こちらへ

 

7月、佐渡島旅行第2班を実施しました。総勢43名の「大家族」で助け合い、お天気にも恵まれ、またまた、最高でした!!

2-41-6

 

今年2回目の佐渡島旅行は、7月8日から10日まで実施しました。平日ではありましたが、参加者は小学生3名を含む1歳から74歳までの43名です。

旅行前の6月には新潟・山形地震がありましたし、梅雨時期の天候が不安で、天気予報と毎日にらめっこ。出発4日前には晴れマークが出て、ワクワクドキドキしながらのスタートでした。

当日の朝5時20分に集まったのは、ポレポレ、夢工房の利用者さんと家族、職員と家族、そして、他事業所の職員の皆さんなど初対面の方も多くおられましたが、ルールは、ただひとつ。お互いに声を掛け合って、助け合うこと。また、家族同伴ではなく利用者さんだけの参加であっても、お金の管理はしない、連絡帳は書かないこと。管理的ではなく、全員が「家族の一員」として一緒の時間を有意義に、ありのままに過ごすことを目指しました。

  

ささえあい3-3

 

今回は、音や人、環境に敏感に反応するため環境調整が必要な利用者さんも参加しましたが、ホテルや現地の方々に全面的にご協力いただき、利用者さんの特性に応じて臨機応変に対応していただいたことはとてもうれしかったです。

また、旅行を通して、誰も排除しない、43名の「大家族」という空気感があり、誰にとっても安心して過ごせたように思います。障がいがあっても、友人の手を取って一緒に歩いたり、子どもたちの世話をしたり、荷物を持ったり、車椅子を押したりとできることはたくさんあります。「車椅子を押しましょうか。荷物を持ちましょうか。一緒に行きましょうか。一緒に待ちますよ」など、家族のように当たり前に声を掛け合い、誰もが一役を担っていました。そして、子どもたちは場の雰囲気を和ませ、周りの人にたくさんの笑顔を生みだしました。

 

2-11-2

 

佐渡島旅行は5月に続いて2回目です。回を重ねる毎に、「拓くの原点は、子どもから大人まで、障がいのある人や保護者、教員、支援者、それぞれの家族が一緒に参加して研修旅行をしていた」ことを思い出させてくれましたし、この旅行の形態こそが「拓くらしさ」だと思いました。

今回も、佐渡の皆さんには、港での歓迎と見送り、車の提供やお弁当の手配などをしていただきました。佐渡と久留米は、距離の点では離れていますが、これまた家族のようなたくさんの温もりを感じています。そして、心地よい疲れとともに、この大家族なら何かができそうな気がすると、胸を弾ませながら、久留米に帰ってきました。

佐渡の皆さんの支えがあってこそ、成立しているこの旅行。佐渡市役所の皆さん、社会福祉法人しあわせ福祉会の皆さん、本間さん。本当に有難うございました。

(統括本部長 北岡さとみ)

 

1-1

旅行会社、佐渡市の行政・障がい施設の関係者、佐渡汽船、旅館、観光地の皆さんと密に連絡を取り、現地の情報を入れながら、旅行プランを組みました。