社会福祉法人 拓く

お知らせ (事業・活動)

4月18日、「出会いの場Leo」のみんなで、ポレポレ農園にさやえんどう豆の収穫に行きました‼ 子ども達は畑に触れ、野菜に触れ、食育について学ぶ機会になりました。

vbn   んm 

 

4月18日(月)、ポレポレ農園の皆さんにお誘いいただき、子どもたちと一緒に久しぶりにポレポレ農園に行ってきました。

道中では、前回じゃがいも掘りに参加した事を思い出した子ども達もいたようで、「芋ほり~?おいも~?」と、ワクワクしながらジャンボタクシーの中でも楽しんで移動する事ができました。

農園に着くと、農園のおじちゃん達が「待っとったよー」と温かく迎えてくださり、さやえんどう豆の収穫の仕方を優しく教えてくださいました。畑では、さやえんどう豆を見つけて喜ぶお友達、収穫したさやえんどう豆を口に入れてみるお友達、畑の土を触ってパラパラと感触を楽しむお友達、土の上を歩きながら、何回転倒しても挫けず立ち上がり歩くことを楽しむお友達。それぞれ思い思いに楽しみ、満喫する事ができました。

 

zxc   225617483

 

その後は、ご厚意により、たまねぎの収穫もさせていただきました。子ども達の力でもスルッと抜く事ができて、みんな大喜び。気持ちよさそうにどんどん抜く子ども達の様子を見ながら、農園のおじちゃんも苦笑いしつつ、「この子たちの為にも、あと30年は頑張らやん‼」と嬉しいお言葉でした。

ポレポレ農園の皆さんには、いつも子ども達が楽しめる事を見つけ、お誘いいただき、とてもありがたく思います。なかなか経験する事ができない事をここで体験できて、子ども達も畑に触れ、野菜に触れ、食育についても良い学ぶ機会になっています。 

今後も色々な経験をしながら子ども達の好きな事を増やし、さらに見つけていきたいと思います。 

(出会いの場Leo  溝尻 博子)

 

あsd  cvb

 

 

 

 

3月20日、「第2回Leo卒園式」を執り行いました。今年度は2名の子どもたちがLeoを卒園いたしました。今後も健やかに成長し、大きく羽ばたいていくことを心よりお祈り申し上げます。

234

 

3月20日(日)、「第2回Leo卒園式」を執り行いました。今年度の卒園児は2名の子どもたちです。卒園式の会場作りは様々な方にご協力をいただき、日々の保育の合間に、少しずつ作業に取り掛かり作り上げていきました。メインとなる桜の木の材料は、鳥越建設の鳥越社長よりご提供いただき、H&A Apartmenの半田満さんに一緒に作っていただけませんか、と依頼したところ、快くお引き受けいただき構想練りから作り方のご指導まで大変なご協力によって、無事完成することができました。照明にも使用した桜の花びらは、ポレポレ利用者の池田さんに依頼し、ハサミを使って切り絵にしていただきました。細かい部分もとても丁寧に切ってあり、完成品を受け取り見た瞬間、スタッフ全員、とても感激しました。

ご協力をいただきました皆様、誠に有難うございました。

こうして、会場や式次第、壁面、全て手作りにこだわり、温かみのある空間作りを大切にしつつ、卒園式を迎えました。

 

567

 

当日は、朝から「ぷらっと.荘島」の秋満さん、スタッフ全員でお弁当作り! 昨年度は式の後に皆で会食をしましたが、コロナ禍の為、会食を控えざるを得ません。しかし、お弁当を作って渡すのはどうか? という提案から全員の想いが一致し、卒園児2人の好きなキャラクターをモチーフにしてキャラ弁当を作りました! 子どもたちの喜ぶ顔を浮かべながら、私たち自身も楽しんでキッチンに立ち作業を進めました。

 

123678

 

完成したお弁当、満開の桜の木を見つめながら、今日までの日々を思い出し感慨深い気持ちで卒園児、ご家族をお迎えいたしました。凛々しいスーツ姿で登場した2名。入園当初のまだ幼さの残る表情や姿とは違い、キリッとしつつも、柔らかい表情がとても印象的でした。笑いあり、涙ありのLeoらしい家庭的で温かい雰囲気の中で執り行われた卒園式となりました。

 

345789

 

園児保護者の皆様、ご卒園おめでとうございます。

大切なお子様の成長を近くで見守り支える機会をいただいたこと、心より感謝しております。

子どもたちと共に学ぶ事も多く、皆様に出会えたご縁に感謝しています。

今後も健やかに成長し、大きく羽ばたいていくことをお祈り申し上げます。

 (出会いの場Leo 管理者 溝尻博子)

 

963

 

 

こんにちは、「出会いの場Leo」です! 3月3日、ひな祭り会を行いました。おひな様にちなんだ壁飾りやおやつ、みんな大喜びでした。

 

cdr22477316

 

3月3日(木)にひな祭り会を行いました。

朝の会では、まず「ひな祭り」にちなんだお話をして、先週みんなで制作したおひな様の飾りを見ながら合唱しました。子どもたちは、「おひな様、作ったね!」と嬉しそう、壁面をジーっと見つめたり指をさしたりして喜びを表現していました。

在宅支援としてお友だちもリモート参加し、自宅に飾ってあるおひな様を画面越しに披露してくれました。離れた場所でも近くに感じながら、楽しさや喜びを共有できるリモート在宅支援の可能性を、またひとつ実感した一日でもありました。

 

ぬyt

 

おやつには、三色団子と抹茶のパンナコッタを作りました。

三色団子は、柔らかく食べやすいよう絹ごし豆腐を使用。みんなは、三色の色を不思議そうに見つめて、「だんご!」「まるー!」と大喜びして食べていました。抹茶のパンナコッタのほうは、抹茶ラテと抹茶アイスを混ぜてつくろう考え、子どもたちが喜ぶように少し甘めの味付けで作ってみました。パンナコッタも一口ごとに、「んまっ!(おいしい)」と美味しそうに食べてくれたのですが、材料探しでは、お店になかなか抹茶アイスが置いておらず、4軒目でやっと見つかりました!! その嬉しそうな顔を想像しながら、抹茶アイスを探して走り回った甲斐がありました。

おひな様の壁飾り制作や食事づくりなどを通して、行事や伝統に触れることで、感性豊かに気持ちが育まれていくと良いなと思いながら、今後も取り組んでまいります。      

 

今月は、20日(日)に、「第2回Leo卒園式」を控えております。素敵な門出となるよう、スタッフ一同準備を進めています。ご家庭では、健康、体調管理をよろしくお願いいたします。  (出会の場Leo 吉田志穂美)

 

 

1月15日、夢工房では、成人の祝いの会を開催しました。これからも共に同じ時間を過ごす仲間です。心からお祝い申し上げます!

224668861 

成人

 

令和4年1月15日に今年成人を迎えられた小川真由さんの成人の祝いの会を開催しました。16歳の時に夢工房に入所され、今年めでたく20歳を迎えられました。

新成人を迎えるにあたって夢工房のみんなでできることを考えて、小川さんが大好きなディズニーキャラクターのガーランド作成や幼少期の写真を家族の方から預かって映像を作成しました。また、利用者やスタッフのみんなで成人の祝いの会当日に向けて歌の練習も一生懸命頑張りました。

 

さて、当日は御井町コミセンの会場を借りて実施しました。映像を見たり、歌を歌ったり、お祝いのプレゼントを渡したりと楽しい時間を過ごすことができました。式典の中では、利用者の方々が一人ずつ自分なりの精一杯の言葉で、真由さんへお祝いメッセージを伝えました。その姿に小川さんのご両親が感極まる場面も見られ、とても温かい時間が流れていたと思います。

真由さん自身もお礼の言葉として、しっかりと感謝の気持ちを伝えておられ、新成人にふさわしい立派なご挨拶でした。これからも共に同じ時間を過ごす仲間として小川真由さんの成長を見ていきたいと思います。(夢工房 滝本 陽一)

 

 

 

出会いの場Leoより新年のご挨拶 「明けましておめでとうございます!」 1月4日から開所し、初日から子どもたちの元気な姿と沢山の笑い声が響き渡っています。今年もよろしくお願いいたします。

おんhsyた

 

今年のLeoは、1月4日から開所しました。初日から子どもたちの元気な姿と沢山の笑い声が響き渡っています。

新春スペシャル!と題して、1月6日に「皿回し愛好会」の方々がLeoに来てくださいました! その中のお一人、亀山さんは普段から配食でLeoに来ていただいているので、子どもたちも顔馴染みの為、普段とは違う雰囲気でしたが、すんなり入ることが出来ていましたよ。

準備段階から拝見しましたが、法被を羽織った姿や様々な色や形のお皿が出てくると目をキラキラさせて見つめていた子どもたち。

いざ皿回しが始まると、「わ〜!」「すごーい!」と拍手をしながら身を乗り出して見ていました。

その場でジャンプして、皿と一緒に回っているかのように嬉しさを表現したり、「お寿司がのっているお皿みたい!」と感性豊かに話したりする姿が可愛らしかったですよ。

 

 98yんhbzgt

 

実際に子どもたちも皿回しの体験をし、「すごいね!」「いっぱい回ってるねー!」と大感激していました。

普段はなかなか触れることの出来ない伝統芸を見て、感じ、そして体験した子どもたち。

一人ひとりの心の中に“楽しかった”という想いが残っていると良いなと感じました。

今年も元気に好発進したLeo! 今後も沢山の行事と日々の生活を充実しながら、子どもたちと笑顔いっぱい過ごして参ります。

今年もよろしくお願い申し上げます。

(出会いの場Leo:吉田 志穂美)