お知らせ (事業・活動)

きずなの会(利用者の会)報告 発足から7年、進化し続ける「きずなの会」!利用者の皆さんと話し合いを重ねながら、今後もたくさんの場で活躍していきたいと思います。

1

 

出会いの場ポレポレ、夢工房、惣菜処ぽれぽれ、グループホームの各代表者が集まって、利用者さん同士で話し合いを行う場「きずなの会」も今年で7年目を迎えました。

発足当初の話し合いでは、利用者さん一人ひとりが思い思いの意見を話す場となり、まだまだまとまりのある話は出来ていませんでした。しかし年々話し合いを重ねる中で、「きずなの会」の利用者さんの中に今までとは違う気持ちが生まれてきています。

そのきっかけは2年前から実施している「スーパーきずな」。「スーパーきずな」とは、利用者さん同士でしたい事を企画から話し合い、実行する事。昨年は各事業所毎にバーベキューを行いました。

 

今年は「スーパーきずな」以外にも利用者さん中心で行いたいと言う思いがあり、運動会や夏祭り、成人のお祝い会など、出会いの場ポレポレの行事も「きずなの会」中心で行おうと話し合いを進めています。

現在、夢工房では、天神への買い物やカラオケ、太宰府天満宮への参拝などを企画、実行しています。惣菜処ぽれぽれでは、野球観戦や仕事後の食事会など、毎月話し合いをしています。また、「ポレポレ祭りも今年は私達で盛り上げよう」と熱い思いが生まれています。

進化を続ける「きずなの会」。さらに、どのような話し合いを行っているか発信できるよう、今年は「きずなの会新聞」を作っていきたいと思います。今後もたくさんの場所で活躍していきますので、応援をよろしくお願いいたします。   (出会いの場ポレポレ 児玉 元気)