お知らせ (事業・活動)

6月、「2017心のビタミン(元気な)やさしいまちづくり~ビタミン(元気な)アート展 19th~」が久留米市美術館で開催されました。出会いの場ポレポレのアート教室の皆さんが出品しました。利用者さんの感想をご紹介します。

ビタミンアート3ビタミンアート1

 

6月21日より25日まで、久留米市美術館にて「2017心のビタミン(元気な)やさしいまちづくり~ビタミン(元気な)アート展19th」が開催されました。

美術を通して表現することの楽しさを多くの人に共有してもらおうと、ビタミンアート実行委員会が主催。新聞紙で作ったライオン「しんぶんしし」やスポンジと絵具を使って描いたアジサイの花など、多様な作品が並んでいました。

24日は視覚障害者の皆さんも来場し、作品の紹介に熱心に耳を傾けておられました。

ここで、利用者さんの感想をご紹介します。

 

 

「出会いの場ポレポレ」では、毎週火曜日、午後からアート教室を開催しています。

以前は絵を描くのが嫌いでした。だけどアート教室で色々書くことや色づかいを工夫するのが楽しくなってきました。

私は絵の中でそら豆の絵を描くのが好きでした。みんなで書いたそら豆を1つの絵にしてかざってもらってうれしかったです。

ビタミンアート展を他の利用者さんと一緒に見に行きました。ろうけつ染の壁掛けがとてもよかったです。メンボー(綿棒)アートもいろんな作品がありました。私達は紙すきをしているので、今度ははがきサイズにして利用者の作品をはって、のれんみたいにさげたらいいなと思いました。

いろんな施設の1年間の作品をたくさん見せてもらって良かったと感じました。

これからもこういう機会があったら、また参加したいです。

                  (出会いの場ポレポレ 平野 由美子)

 

ビタミンアート2a98f2520e476a4493043c4f05f0dbd33