社会福祉法人 拓く

お知らせ (事業・活動)

6月、「第2回ポレポレ運動会」を行いました。今回は、利用者さん主体で実施。利用者さんにとってもスタッフにとっても大きな経験になりました。今後も、みんながより楽しめる企画を考え実行していきたいと思います。

運動会  IMG_2416(運動会)

 

6月23日(金)、荘島体育館メインアリーナを貸し切って「第2回きずなの会主催ポレポレ運動会」を行いました。2回目という事で1回目の反省点を踏まえながら利用者さん同士で話し合いを行い、前回よりみんなが楽しめる企画を考えていきました。

当日は利用者さんが司会進行をするなど、運動会を利用者さん主体で実施。今回の経験は利用者さんにとってもスタッフにとっても大きな経験になったと思います。また1回目を経験した事により利用者さんもスタッフもスケジュール通りに動くことができ、スムーズに運動会を行うことができました。課題としては、やはり団体で動くことの難しさを改めて感じました。

今後、様々な場面で団体行動が増えていくと思いますが、今回経験したことが必ず活きてくると思います。今後もいろいろな経験ができるように、また、みんながより楽しめる企画を考え、実行していきたいと思います。

 IMG_1312(運動会) IMG_2420(運動会) 

 

6月15日、ジャガイモと玉ねぎの農業体験を行いました。土の中から出てくる大きな野菜に感動!地域の方と触れ合える良い機会になりました。安武百祥会の皆さん、有難うございました。

IMG_2362農作業体験

 

6月15日(木)、地域で活動されている安武百祥会様のお誘いで、ジャガイモと玉ねぎの収穫体験に参加しました。

日頃土に触れる機会があまりない利用者さんも、この日は土の中から出てくる大きな野菜に感動しながら楽しそうに収穫していました。車椅子の利用者さんが畑の中を進むのは大変だと思った百祥会の方々が率先して車椅子の誘導を行ってくださり、地域の方と触れ合える良い機会になったと思います。収穫したジャガイモや玉ねぎもたくさんいただいて、皆さん大喜びでした。

今後も地域に飛び出し、いろいろな方と触れ合う機会を増やしていけたらと思います。

安武百祥会の皆さん、有難うございました。

(出会いの場ポレポレ 児玉 元気)

 

いも掘り

6月4日 ポレポレ倶楽部報告 今年も「くるめ環境フェア」に参加。久留米大学の学生さんも参加され、多世代が混ざり合って名物「たこ焼き」を販売しました。

 IMG_2327-1

 

6月4日(日)、百年公園で行われた「第27回くるめ環境フェア」に今年も参加し、ポレポレ名物の「たこ焼き」を販売しました。昨年は雨が降る中での販売でしたが、今年はとても天気が良かったためお客様も多く盛大な賑わいを見せていました。

今年は利用者さん、スタッフ、保護者の皆さんだけでなく、先日の研修の際に出会った久留米大学の学生の皆さんにも参加していただき、新たに交流を深める事が出来ました。売上は昨年並みでしたが、回を重ねる毎にたこ焼きを焼くのがうまくなっているという満足感がありますし、同時に自信も付ける事が出来ました。

今後も行事等を通して多世代が混ざり合い、色々な場面で盛り上げて行く事が出来ればと思います。今後ともポレポレ倶楽部の取り組みを皆様に発信していきたいと思っています。  

(出会いの場ポレポレ 児玉 元気)

 

IMG_2323-1

 

 

5月18日 「ミニ運動会」を実施しました。「運動会をしたい!」と「きずなの会」の利用者さんが声をあげて、実現。6月の「大運動会」に向けて準備中です。

ミニ運動会-3

 

5月18日(木)、「ミニ運動会」を実施しました。

「出会いの場ポレポレ」の開所当時、運動会を開催したことがあり、その経験から「運動会を復活させたい」というきずなの会の利用者さんより声があがりました。利用者さんの「運動会、楽しみ~!」という声が聞かれる中、経験のないスタッフは、なかなかイメージを持つことができませんでした。

そこで、まずは、やってみようということで、「ミニ運動会」を開催することにしました。一般的な競技をイメージしながら、なおかつ誰もが楽しめるルールに変更したり、誰もが参画できるように道具を工夫したりと一人ひとりの顔を思い浮かべながらプログラムを考えていきました。道具については、小学校から借用させていただき、手作りして準備を進めました。

当日は、競技を通して皆さんが楽しんでいる姿や笑顔をたくさん見ることができ、とても貴重な時間を過ごすことができました。

また6月の大運動会に向けていろいろ考え、準備していきたいと思います。

 

ミニ運動会-1ミニ運動会-2

選手宣誓          ボール運びリレー

 

きずなの会(利用者の会)報告 発足から7年、進化し続ける「きずなの会」!利用者の皆さんと話し合いを重ねながら、今後もたくさんの場で活躍していきたいと思います。

1

 

出会いの場ポレポレ、夢工房、惣菜処ぽれぽれ、グループホームの各代表者が集まって、利用者さん同士で話し合いを行う場「きずなの会」も今年で7年目を迎えました。

発足当初の話し合いでは、利用者さん一人ひとりが思い思いの意見を話す場となり、まだまだまとまりのある話は出来ていませんでした。しかし年々話し合いを重ねる中で、「きずなの会」の利用者さんの中に今までとは違う気持ちが生まれてきています。

そのきっかけは2年前から実施している「スーパーきずな」。「スーパーきずな」とは、利用者さん同士でしたい事を企画から話し合い、実行する事。昨年は各事業所毎にバーベキューを行いました。

 

今年は「スーパーきずな」以外にも利用者さん中心で行いたいと言う思いがあり、運動会や夏祭り、成人のお祝い会など、出会いの場ポレポレの行事も「きずなの会」中心で行おうと話し合いを進めています。

現在、夢工房では、天神への買い物やカラオケ、太宰府天満宮への参拝などを企画、実行しています。惣菜処ぽれぽれでは、野球観戦や仕事後の食事会など、毎月話し合いをしています。また、「ポレポレ祭りも今年は私達で盛り上げよう」と熱い思いが生まれています。

進化を続ける「きずなの会」。さらに、どのような話し合いを行っているか発信できるよう、今年は「きずなの会新聞」を作っていきたいと思います。今後もたくさんの場所で活躍していきますので、応援をよろしくお願いいたします。   (出会いの場ポレポレ 児玉 元気)