社会福祉法人 拓く

お知らせ (事業・活動)

保護者寄稿  我が子の成人式を終えて

Screenmemo_2015-02-18-16-11-20 小学校時代の友達と一緒に

 

20年前、我が子はダウン症をもって生まれてきました。それまで、私は障がいについて何の知識もなかった分、いろいろなつながりを求めてたくさんの方に出合ってきました。

その頃、久留米では、障がいを持っていても「地域の学校で一緒に学びましょう」という学校の先生方を中心とした教育活動の大きなうねりがありました。

「一人で育てようと思ったらだめだよ」

「障がいを持った子こそ、みんなで育てていくべきだよ」

このような考えに接し、びっくりしたと共に、大きく安堵したことを覚えています。

近所の小さな公立保育園では、プロの保育士や優しい加配(久留米市が独自に取り入れている制度)の先生に熱心に育てていただき、私は少しずつ仕事にも復帰できるようになりました。

 

小学校時代も、近所の子ども達に囲まれながら安心して登校させることができました。子ども会を通しての家族ぐるみのお付き合いは今も続いており、我が家の宝物です。そして、5年生の頃から始まったのが、月1回、出会いの場ポレポレでのお泊り。早い段階から親以外の方々に生活面を見てもらう経験をさせていただいたことで、今でも不安なく親から離れて外泊できるようになっています。とても有難いなと思っています。

中学時代は、学校全体が落ち着かない中、つらい経験がたくさんありました。どの子も自分を守ることで精一杯。だんだん孤立し、自ら周りに大きな壁を作っていく我が子、笑顔が消えていく我が子に、何もできない無力感を感じていました。

 

IMG_1170-1

 

特別支援学校高等部3年生の時、グループホーム「こりんずハウス」の立ち上げメンバーに加えていただき、本人は1年間、「こりんず」から登校するという経験をしました。親切な世話人さんや仲間達とそれなりに楽しく暮らしていたようですが、進路の話で本人とじっくり向き合った時、「僕が、ダウン症だからといって、僕の人生を勝手に決めないでください」と言われました。この言葉は、私にとってかなりショックでした。そこで、今一度、生活をリセットしようと考え、自宅に帰すことにしました。子どもに良かれと思ってしていたのですが、親の敷いたレールに乗せていたようで、本人にとっては辛かったようです。

卒業後、就労移行支援の事業所に通いながらも、「本当は、僕も小学時代の友達のように大学に行き、サークル活動をしたい」という思いが捨てきれず、受験にもトライしました。結果は不合格でしたが、自ら前に進むためにも必要な挑戦のようでした。

 

今年の1月、こうしていろいろありながらも、成人式を迎えました。次第に友達と会う機会もなくなり「寂しい」成人式になってしまうかもしれないなあ…と私は不安でしたが、本人にとっては、最大の楽しみ。待ちに待った日でした。

当日、成人式会場のホテルでは、会う人会う人に声を掛けられ、みんなと一緒に写真をたくさん撮りましたし、本人も、好きだった女の子とツーショットを撮っていました。式の後は、小学校のクラス会や支援学校の祝う会と次々に駆け回りました。そして、夕方からの中学校の同窓会。実は、本人はぎりぎりまで参加を迷っていたのですが、親の心配をよそに、帰って来ると、「楽しかった!」。ビールを飲んだり写真を撮ったりしたようです。あの時期、踏ん張ってきたのは決して無駄なことではなかったなあ…と、しみじみ感じることができた1日でした。この日、友だちと肩を寄せ合った写真は、本人の宝物になることと思います。

人生の大きな節目の成人式は終わりました。成人した今、本人が自分の希望を追いながらも、しっかり現実にも目を向けて生活していってほしいと願っています。そして、私自身はこれからも「地域で暮らす」という意味を探り続けていこうと思っています。 (藤野 薫)

 

 

20150309185132 ご本人の直筆です

1月20日 成人お祝い会を行いました

 P1100725P1100700

 

昨年より「出会いの場ポレポレ」に新しい通所者をお迎えして10ヵ月。一緒に日帰り旅行に行くなど様々な活動をしてきました。これからも、ポレポレで、私たちと一緒にたくさんのことを経験されることと思います。

さて、彼女は今年、晴れて成人を迎えられました。

そこで、ささやかですが、「平成26年度成人お祝い会」を計画。日中活動の中で、カリブホールの飾り付けや垂れ幕の文字の色塗りなどみんなで協力し、当日まで準備をしました。司会も、同じ活動班の通所者の方を中心に本番ギリギリまで何度も練習しました。

そんな中、通所者の方の成人祝いをするにあたって、みんなの20歳の頃はどんなだったのかなという話になりました。では、みんなの当時の写真をスライドで紹介しようと計画し、写真提供をお願いしました。その編集等はスタッフが協力し、作成しています。

私自身もそうですが、若い頃の通所者の皆さんを知らないスタッフが多かったこともあり、写真が紹介される度に、懐かしむ方や自分の写真が出て「見てー!」という方、少し恥ずかしそうにされている方など、あちこちで通所者の皆さんの声が聞こえて、とても盛り上がる企画となりました。皆さんの喜んでおられる反応を見ているとスライドを作って良かったと思いました。

当日は、ご本人だけではなく、通所者の皆さんにも正装をお願いしましたが、その正装した姿は20歳の頃よりも凛々しく見えたのがとても印象的でした。

最後に、この場をお借りして、20歳の頃の写真提供、正装にご協力いただき、有難うございました。今回の催しが皆さんにとって良い思い出となれば幸いです。 

(出会いの場ポレポレ 白數直基)

 

2月 天心幼稚園の園児の皆さんを迎えて、クッキー教室を実施しました。

  P1100829P1100831

 

2月17日(火)、19日(木)、20日(金)の3日間、出会いの場ポレポレにて、恒例の天心幼稚園園児の皆さんのクッキー教室を実施しました。

今回のクッキー教室では、型抜きクッキーとチョコチップクッキーの2種類を作りました。

始めに、ポレポレ通所者の皆さんとスタッフが自己紹介をして、これから作るクッキーの説明をしました。

さて、まずは、型抜きクッキーづくりです。

各班にプレーンとココアの生地を配り、ポレポレの通所者の皆さんがちょうど良い厚さになるまで生地を伸ばし、生地が伸びたら園児さんが丸やハート、星の型を使ってクッキーの形を作ります。

初めてクッキーを作る子どももいましたので、丁寧に教えながら一緒に作業をしました。

中には、プレーン味とココア味を合体させたうずまきクッキーや目や口のパーツをつけて顔クッキーを作る子どももいて、その豊かな創造性にびっくりです。

 

P1100836P1100835

 

次は、チョコチップクッキーです。

スプーンを2本使い、少し柔らかめの生地を丸い形にしていきます。

きれいに整えたら生地を鉄板に落として完成です。皆さん、とても上手でした。

当日のクッキーづくりが終わり、最後に挨拶をしました。

皆さんに感想を聞いてみると「楽しかった」とにっこり。

クッキー教室を終えて帰る時は、楽しそうな笑顔でバイバイと手を振っていました。

完成した生地を焼き上げて袋に詰め、その日のうちに配達。

自分たちで作ったクッキーはより一層美味しいと思います。

天心幼稚園の皆さん、ありがとうございました。       (ポレポレ 小川真太朗)

 

P1100830

 

「新年初笑いイベント」を開催しました

1月5日(月)、「新年初笑いイベント」を出会いの場ポレポレ カリブホールで開催しました。

最初に、ドリフのテーマで軽く運動をし、次に「二人羽織」を行いました。

まず、スタッフ2名が羽織を着て挑戦。熱いそばを食べた時のリアクションに利用者の皆さんは大笑い!!美味しそうに見えたかな。面白そうにできたかな。

次に、利用者の皆さんに、「挑戦してみたい人はいますか?」と声かけをすると、

「はい!」とすぐに手が挙がり、1回戦、2回戦、3回戦まで行いました。

とてもノリの良い皆さん。大福や菓子パンのチョココルネをきれいに召し上がっていました。

最後に、「アナ雪」のテーマで仮装をしたスタッフ(左は男性、右は女性)が登場。

仮装した雪の女王からポレポレ神社のおみくじを配ってもらい、とても楽しい会が終了しました。

今回のイベントは、利用者の皆さんにとても好評でした。

次回も趣向を凝らし、さらに楽しんでいただけるよう努めたいと思っています。      

                 (出会いの場ポレポレ スタッフ 石橋)

 

P1100550P1100535

二人羽織 息が合わないと大変!なかなか上手ですね

 

P1100570P1100527

「アナ雪」の仮装をしたスタッフ   野田理事長の挨拶

「モンゴル夢コンサートin久留米」を鑑賞しました 。利用者の皆さん、目をキラキラ。感激しましたね。

IMG_20141124_193919 

 

11月24日(月・祝)、久留米市の石橋文化ホールで、モンゴル国児童保護施設で暮らす子どもたちのチャリティーコンサート「モンゴル夢コンサートin久留米」が開催されました。主催は夢コンサートin久留米実行委員会。今回、コンサートを鑑賞する機会を得て、法人グループ利用者と夢工房の皆さんで会場に足を運びました。

 

極寒の地、モンゴル国でマンホールチルドレンと言われている子どもたち。しかし、彼らは決してあきらめない生きる力、優しさと感謝の気持ちを持った子どもたちです。

1991年の旧ソ連の社会主義崩壊と共に、ソ連の影響下にあったモンゴル国の経済も壊滅状態になり、失業者があふれました。近年は鉱山の開発が進み、高度成長の時代に入ったと言われていますが、物価の急騰により、貧富の格差が深刻な社会問題となっているようです。

その結果、子どもたちが育てられなくなり、アルコール中毒の大人たちからの暴力、育児放棄などが原因で、社会主義崩壊から20年以上過ぎた今も、マイナス40度の中、マンホールチルドレンたちは少なくないようです。

 

IMG_20141124_193810

 

その子どもたちの為の児童保護施設「太陽の子どもたち」を支援している団体、NGОしらゆり会ハミングバーズの主催で、このコンサートが久留米でも開催されました。

施設の名前は、モンゴルから太陽が昇る方向に日本があり、日本人から愛されているという喜びの意味で、「太陽の子どもたち」と名付けられました。

「太陽の子どもたち」では、小学1年生から高校生までの40名が将来の自立を目指し、職員たちは豊かな愛情を注ぎながら教育をされています。炊事、洗濯、掃除など全てを協力し、ひとつの大きな家族のようです。モンゴルの伝統芸能(楽器演奏、舞踊、雑技、切り絵などの工芸)や裁縫技術の習得、パン工房、ビニールハウスでの野菜作りなどをされています。

 

IMG_20141124_193817

 

このような子どもたちのコンサート。北九州のコンサートはすでに大盛況であったと言われ、友人に勧めてしまったものの、多少の不安は隠せませんでした。ところが・・・なんとすばらしい芸能力!感激の一言でした。演奏や舞踊、雑技の技術力もさることながら、子どもたちの目の輝き、エネルギッシュな行動力、周りの人をとりこにする微笑に感嘆しきりでした。

鑑賞の後、出会いの場ポレポレと夢工房の利用者の皆さんもキラキラの目の輝きで帰途につかれていました。

次回、来日のチャンスがあれば、また久留米に来てくださるように、実行委員の方にお願いをしてまいりました。    (夢工房スタッフ 井手幸子)