社会福祉法人 拓く

お知らせ (事業・活動)

「モンゴル夢コンサートin久留米」を鑑賞しました 。利用者の皆さん、目をキラキラ。感激しましたね。

IMG_20141124_193919 

 

11月24日(月・祝)、久留米市の石橋文化ホールで、モンゴル国児童保護施設で暮らす子どもたちのチャリティーコンサート「モンゴル夢コンサートin久留米」が開催されました。主催は夢コンサートin久留米実行委員会。今回、コンサートを鑑賞する機会を得て、法人グループ利用者と夢工房の皆さんで会場に足を運びました。

 

極寒の地、モンゴル国でマンホールチルドレンと言われている子どもたち。しかし、彼らは決してあきらめない生きる力、優しさと感謝の気持ちを持った子どもたちです。

1991年の旧ソ連の社会主義崩壊と共に、ソ連の影響下にあったモンゴル国の経済も壊滅状態になり、失業者があふれました。近年は鉱山の開発が進み、高度成長の時代に入ったと言われていますが、物価の急騰により、貧富の格差が深刻な社会問題となっているようです。

その結果、子どもたちが育てられなくなり、アルコール中毒の大人たちからの暴力、育児放棄などが原因で、社会主義崩壊から20年以上過ぎた今も、マイナス40度の中、マンホールチルドレンたちは少なくないようです。

 

IMG_20141124_193810

 

その子どもたちの為の児童保護施設「太陽の子どもたち」を支援している団体、NGОしらゆり会ハミングバーズの主催で、このコンサートが久留米でも開催されました。

施設の名前は、モンゴルから太陽が昇る方向に日本があり、日本人から愛されているという喜びの意味で、「太陽の子どもたち」と名付けられました。

「太陽の子どもたち」では、小学1年生から高校生までの40名が将来の自立を目指し、職員たちは豊かな愛情を注ぎながら教育をされています。炊事、洗濯、掃除など全てを協力し、ひとつの大きな家族のようです。モンゴルの伝統芸能(楽器演奏、舞踊、雑技、切り絵などの工芸)や裁縫技術の習得、パン工房、ビニールハウスでの野菜作りなどをされています。

 

IMG_20141124_193817

 

このような子どもたちのコンサート。北九州のコンサートはすでに大盛況であったと言われ、友人に勧めてしまったものの、多少の不安は隠せませんでした。ところが・・・なんとすばらしい芸能力!感激の一言でした。演奏や舞踊、雑技の技術力もさることながら、子どもたちの目の輝き、エネルギッシュな行動力、周りの人をとりこにする微笑に感嘆しきりでした。

鑑賞の後、出会いの場ポレポレと夢工房の利用者の皆さんもキラキラの目の輝きで帰途につかれていました。

次回、来日のチャンスがあれば、また久留米に来てくださるように、実行委員の方にお願いをしてまいりました。    (夢工房スタッフ 井手幸子)

 

 

7月 日韓交流を行いました 今年で10年目です

日韓2

 

7月28日(月)、今年も日韓交流を行い、利用者の皆さんと韓国の子どもたちが楽しい時間を過ごすことができました。

毎年夏休みのこの時期に、日韓音楽交流協会が主催して韓国のOLIVE TREE少年少女合唱団の子どもたちが久留米を訪問し、ホームステイされています。

その際、出会いの場ポレポレを訪問され、韓国の踊りや歌による交流を深めています。

この日韓交流は10年間続いており、私たちみんなが楽しみにしているポレポレの行事の一つとなっています。

 

 DSC03740 DSC03782

 

今回、カリブホールを会場に、韓国の皆さんによる色鮮やかな美しい踊りと歌を披露していただいた後、

利用者の皆さんと韓国の子どもたちが手をつなぎ、「手のひらを太陽に」を合唱しました。

会場いっぱいに笑顔があふれ、楽しい時間はあっという間に過ぎるもの・・・。

このまま終わりたくないという気持ちからなのでしょう。

「アンコール、アンコール」の声が利用者の皆さんからわき上がり、

「手のひらを太陽に」を再び合唱し、日韓交流は幕を閉じました。

日本と韓国。言葉の壁はありますが、毎回、利用者の皆さんと韓国の子どもたちが笑顔で触れ合う姿を見る度に、

思いを伝える方法は言葉だけではないと、この日韓交流を通して感じています。

 

日韓3DSC03788

                        プレゼント交換をしました

 

 DSC03738DSC03735

韓国の皆さんからご挨拶             お礼の挨拶をしました

 

 

 

 

 

6月 安武保育園との合同観劇会 子どもたちと一緒に劇を楽しみました

6月18日(水)、「人形劇団バンビ」の人形劇を安武保育園の子どもたちと一緒に観て、

楽しいひと時を過ごしました。

観劇会は、平成21年から実施しており、毎年の恒例行事となっています。

今年は安武保育園で行われ、利用者の皆さん20名が参加しました。

当日、紙芝居と人形劇が上演され、皆さんはその楽しい話に聞き入り、

笑い声があふれた観劇会になりました。

そして、観劇会が終わって帰る時、利用者の皆さんは、

「バイバイ、また会おうね」と思いをこめて、安武保育園の子どもたちとハイタッチ。

利用者の皆さんも子ども達もとても楽しそうでした。

安武幼稚園の皆さんと合同で重ねてきたこの観劇会が、交流の場として大事な行事の一つとなっていると実感しました。

安武保育園の皆さん、有難うございました。  (出会いの場ポレポレ 鹿子島 功子)

 

ningyougeki

 

 

 

台風8号の経験を踏まえ、災害に備えています。

DSC03624DSC03605

非常食を使った昼食                                        アルファ米

 

2014年7月4日に発生した台風8号は、「50年に一度の超大型台風が九州上陸」と連日報道され、

日本各地に大雨が降り大きな被害が発生しました。

この度の台風8号の被害により被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

 

台風8号について、当法人は幸いにも影響がなくほっとしました。

同時に、緊急の際、「命を守る」ための状況判断や最新情報の収集などがいかに重要かを痛感し、

今後の災害に備えて緊急対策の指針を得ることができました。

今回の台風対策として、当法人のそれぞれの責任者は、「出会いの場ポレポレ」「夢工房」、

そして、グループホームの「チェムチェム」「ニュンバ」に泊りこみ、いざと言う時に備えました。

スタッフも勤務先の近くに泊りこむなど、自分たちで考え行動しています。

また、一昨年から、台風や豪雨などに対し対策を積み重ねてきており、災害対策の手順とスケジュール、

連絡方法などのマニュアル化に努めています。

このように、予測される事態については、事前に準備や対策を講じていますが、

地震など不測の事態にいかに対応できるか。これが課題です。

常日頃から危機管理の意識をもち、行動する必要性を改めて感じています。

 

 今後は、利用者の皆さんの自宅周辺の水害状況など正確な情報を収集し、自宅の危険が予測される場合は、

前日から「出会いの場ポレポレ」やグループホームなどに避難していただくなど、

福祉避難所としても位置づけていきたいと思います。

 

災害時を想定し、非常食を準備しています。

アルファ米を使って非常食の昼食を用意しました

 

今回、台風8号接近に伴い、当日の昼食は、ガス、電気が使えなくなることを想定して、

カセットコンロや非常食を準備しました。

メニューは、お湯を入れるだけで50食分が15分でできるアルファ米とレトルト食品のハヤシライス、

お湯を入れるだけのスープ、缶詰フルーツでした。

非常時に食べられるものは、実際の場面では限られてきます。

そのために、日常の中で、非常食を準備したり、提供できるように訓練したり、

そして食べ慣れておくことが非常時の際に命を守ることにつながると思います。

 

DSC03596 DSC03600

非常用保存食アルファ米。

アルミ袋の上を切って箱の外に折り返し、備品を取り出します。

 

DSC03608 DSC03611

中袋の注水線までお湯、または水を入れます。

 

DSC03616DSC03617

しゃもじでかきまぜて、しっかり結びます。熱湯ならば15分間蒸らします。

 

DSC03622

アルファ米のご飯。おいしかったです。

いざという時のため、ご家庭でも非常食を準備されてください。

ポレポレ旅行を実施しています。 ワクワク ドキドキ!気ままな旅!

DSC03550DSC03342

 

今年度も、前半と後半に分けて、ポレポレ旅行を実施しています。

「一度きりの人生なのだから楽しいことをしたい!」との想いで、外へ外へ出かけようと、

2001年より年1回のポレポレ旅行を続けています。

 

初回は、大分県のハーモニーランド、アフリカンサファリへ、ゆふいんの森号とバスに乗って出かけました。

旅行は、できる限り公共交通機関を使うように工夫し、利用者の皆さんは旅行先で自由に遊んだり、

買い物をしたりしています。

社会との接点を多く持ち、生きていくための力をつけること。

職員もその視点をもって日常での支援に生かしていくことが目的です。

また、交通機関、レストランなど接客業務に携わる方も、

障がい者や高齢者の方への対応に慣れていただけるのではと考えています。

 

それまでの「ポレポレ旅行」は、みんなで一緒に楽しもうと「全員旅行」をしていましたが、

2012年度からはバージョンアップして、利用者の皆さんの一人ひとりの意思を尊重し、

もっと自由に自分が行きたい場所、したいことが楽しめるような「個人旅行」を企画しています。

当法人より障がい支援区分に応じて補助がありますので、行先によっては自己負担なく行ける利用者の方もいました。

旅行から帰ると、それぞれの報告や写真を見ながら情報交換ができる場を設けています。

 

個人旅行は今年で2巡目となり、始めは躊躇していた利用者も行くことができ、

「次は~?」「積立しなくちゃ」と楽しみや働く意欲につながっています。

これから実施予定の後半のグループは、自分の番が来るまで待ち遠しくてたまらない様子です。

 

前半のグループが出かけた「個人旅行」を紹介します

 

IMG_1299

鹿児島県

初体験の砂蒸し風呂

渋顔です(―_―)!!

 

DSC03550

大阪府

テーマパークUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)に行きました。

スパイダーマンと「ハイチーズ」)^o^(

 

DSC03452

広島県

広島球場で大熱戦

ホークス圧勝でした!(^○^)

 

IMGP5459

鹿児島県

桜島へ!登ったぞー!(^^)!

 

DSCN1481 

大分県

湯布院 辻馬車で散策して途中下車。

自然に手を合わせている二人でした。

 

個人旅行を実施しない年は、グループごとに日帰り旅行をしています。

 

DSC03342

福岡県

柳川川下り~

木が…。あぶな~い。頭を下げて!!