社会福祉法人 拓く

安武そら豆

安武そら豆復興作戦レポート⑭ 4月18日、「第2回 安武そら豆子ども祭り」を開催しました。自分たちが植えたそら豆畑の見学や収穫を楽しむ児童の皆さんの笑顔があふれ、楽しいひとときを過ごすことができました。

IMG_2204DSC06595

 

4月18日(火)、JAくるめ安武地区カントリーエレベーターにて、「安武そら豆子ども祭り」を開催しました。今年は安武小学校4年生52名、天心幼稚園35名、安武保育園15名、そして初めての参加となる住吉保育園20名の皆さん、約130名で実施することができました。

この祭りは、安武地区に住む子ども達に、その昔、安武地区の特産物だった「安武豆」を知ってほしいと願い、「土に触れる・種を植える・育てる・収穫する・春の味覚を楽しむ」という食育の場として昨年より開催しています。

昨年10月には天心幼稚園と安武保育園、安武小学校3年生・4年生の皆さんが安武そら豆を植える「定植体験会」を開催。今回は、自分達が植えたそら豆畑を見学し、地域の方々からそら豆についてのお話を聞き、収穫も体験していただきました。その後は青空の下、みんなでそら豆を使ったご飯、シチュー、蒸しパンを食べながら遊んだりして楽しい時間を過ごしました。

今後もこの体験を通して安武地区の歴史またモノづくりの大切さを伝えていきたいと思います。

              ( 出会いの場ポレポレ 児玉 元気 )

 

DSC06601

 

 

20963「安武そら豆」について

 

  安武の町のために、久留米のためにー。子どものために、みんなのためにー。

 

久留米市安武町は、大河・筑後川がもたらす肥沃な土壌、豊かな自然に恵まれ、昔から農業が盛んな町です。中でもそら豆の名産地でした。

昔、安武の農家の人はそら豆をたくさん育てて、現金収入のために久留米の町中に売りに行っていました。「どこの人ね?」と聞かれて、「安武から来た」「ほんなら、これは安武豆たい」と評判に。町中の人は、5月頃になると安武町の豆売りを楽しみに待っていたそうです。

現在、市場に出荷する農家は数軒です。

そこで、2011年より当法人は、「農業振興にお役に立ちたい」と地域の皆様のご協力をいただきながら、「安武そら豆復興作戦」を実施しています。

以来、少しずつ作付面積を広げ、2016年4月、まずは「安武そら豆のおいしさ」を知っていただこうと「第1回安武そら豆祭り・子ども祭り」を開催。10月には、地域の園児や小学生が安武そら豆を植える「定植体験会」を開催しました。

今後も、「安武そら豆」を地域振興につなげ、子ども達や地域の皆さんが自分達の町を誇れるよう、力を合わせて安武町の魅力を発信していきたいと思います。

 

 

安武そら豆復興作戦レポート⑩ 1月、冬越し中!花が咲いたよ。小さなサヤも見つけたよ。ぐんぐん育て、安武そら豆。4月中旬の収穫、販売が楽しみです。

IMG_3121

 

1月21日、晴れ渡る青空の下、出会いの場ポレポレの畑を訪れると、安武そら豆はすくすくと育っていました。

冬越しのために張ったビニールトンネルの中はどうなっているかな。

安武そら豆は青々とした葉を広げ、愛らしい花をつけ、太い茎でシャキッと背を伸ばしていました。

 

IMG_3127IMG_3128

 

そら豆の花はパンダのような姿で愛らしいです。

担当者は作業の手を休めてこう話しました。

「昨年より花が早いです。やはり、保温と霜よけのために、ビニールの上にパオパオという不織布を二重に張ったのが良かったです」

そして、「ここを見てください。サヤができています」とにっこり。

 

IMG_3119さやIMG_3132

 

先に咲いていたそら豆の花は枯れ始め、自家受粉に成功した花には小さなサヤができています。

これからサヤが大きくなっていくには、豊富な日照と水分が必要となります。

 

IMG_3117

 

安武小学校の3年・4年生、安武保育園・天心幼稚園の皆さんが定植した畑の安武そら豆も順調に育っています。楽しみですね。

 

IMG_3136

 今後も、追肥、横紐張りなどの作業を重ねていきます。

収穫は4月中旬の予定。

毎年、大勢の皆さんが、当法人のそら豆を楽しみにしておられます。

2月、3月と、成長が楽しみです。

 

これまでの「安武そら豆復興作戦レポート」は こちらへ →

 

 

「安武そら豆」について

 安武の町のために、久留米のためにー。子どものために、みんなのためにー。

 

久留米市安武町は、大河・筑後川がもたらす肥沃な土壌、豊かな自然に恵まれ、昔から農業が盛んな町です。中でもそら豆の名産地でした。

昔、安武の農家の人はそら豆をたくさん育てて、現金収入のために久留米の町中に売りに行っていました。「どこの人ね?」と聞かれて、「安武から来た」「ほんなら、これは安武豆たい」と評判に。町中の人は、5月頃になると安武町の豆売りを楽しみに待っていたそうです。

安武そら豆の特徴は、大粒でつやつや、ホクホク。

現在、市場に出荷する農家は数軒です。

そこで、2011年より当法人は、「農業振興にお役に立ちたい」と地域の皆様のご協力をいただきながら、「安武そら豆復興作戦」を実施しています。

以来、少しずつ作付面積を広げ、2016年4月、まずは「安武そら豆のおいしさ」を知っていただこうと「第1回安武そら豆祭り・子ども祭り」を開催。10月には、地域の園児や小学生が安武そら豆を植える「定植体験会」を開催しました。

今後も、「安武そら豆」を地域振興につなげ、子ども達や地域の皆さんが自分達の町を誇れるよう、力を合わせて安武町の魅力を発信していきたいと思います。

 

IMG_1692IMG_1695

 

 

安武そら豆復興作戦レポート⑨ 12月16日・17日、出会いの場ポレポレの安武そら豆畑で、ビニールトンネル張り作業を行いました。安武町の皆さんに呼びかけて総勢18名。力を合わせてトンネルを35列張りました。春4月が楽しみです。

dsc01708

 

今期は、6年目となる安武そら豆。12月16日(金)・17日(土)、出会いの場ポレポレの安武そら豆畑で、ビニールトンネル張り作業を行いました。「寒さ対策」をして冬越しするためです。

今年は、「地域の皆さんに呼びかけて、一緒に作業をしたい」と考え、定植作業に続いて再び作業をお願いし、当日は総勢18名に集まっていただきました。

初めてビニール張りをする人たちがほとんどの中、作業を進めるうちに段々と慣れていき、手際良く、安武町の皆さんと職員が力を合わせて約70mのトンネルを35列張りました。

 

dsc01741dsc01691

 

また、昨年は雪によってそら豆に被害が出たことから、今年は、保温と霜よけのためにビニールの上にパオパオという不織布を二重に張りました。つまり、2倍の作業量がありましたが、皆さんのご協力をいただいたので2日間で終わり、無事に寒い冬に向けての対策を完了することができました。

作業の当日はとても天気が良く、みんなで作業をするのはとても気持ちが良かったです。

今後は、トンネル内の温度管理を行うため、日々、ビニールの開閉作業をしながら、春に向けての準備を進めていきたいと思います。皆さん、お疲れさまでした。

 

dsc01755  ビニール張り終了!

 

これまでの「安武そら豆復興作戦レポート」は こちらへ →

 

「安武そら豆」について

安武の町のために、久留米のためにー。子どものために、みんなのためにー。

 

久留米市安武町は、大河・筑後川がもたらす肥沃な土壌、豊かな自然に恵まれ、昔から農業が盛んな町です。中でもそら豆の名産地でした。

 昔、安武の農家の人はそら豆をたくさん育てて、現金収入のために久留米の町中に売りに行っていました。「どこの人ね?」と聞かれて、「安武から来た」「ほんなら、これは安武豆たい」と評判に。町中の人は、5月頃になると安武町の豆売りを楽しみに待っていたそうです。

 安武そら豆の特徴は、大粒でつやつや、ホクホク。

 現在、市場に出荷する農家は数軒です。

 そこで、2011年より当法人は、「農業振興にお役に立ちたい」と地域の皆様のご協力をいただきながら、「安武そら豆復興作戦」を実施しています。以来、少しずつ作付面積を広げ、2016年4月、まずは「安武そら豆のおいしさ」を知っていただこうと「第1回安武そら豆祭り・子ども祭り」を開催。10月には、地域の園児や小学生が安武そら豆を植える「定植体験会」を開催しました。

 今後も、「安武そら豆」を地域振興につなげ、子ども達や地域の皆さんが自分達の町を誇れるよう、力を合わせて安武町の魅力を発信していきたいと思います。

 

IMG_1695IMG_1692

 

安武そら豆復興作戦レポート⑧12月、安武そら豆が葉を広げ、すくすくと育っています。ビニールトンネルを張る準備を進め、冬越しのためにしっかりと寒さ対策をしています。

img_2715

 

12月に入り、出会いの場ポレポレの安武そら豆畑では、苗が葉を広げてすくすくと育っていました。10月より定植を始め、安武町の皆さんと職員、地域の園児や小学生の皆さんが力を合わせて作業を行ったそら豆畑です。

 

img_2716img_2714

 

担当者は、寒さから守るために、ビニールトンネルを張る準備を進めています。

「今年はビニールの上に、パオパオ(不織布)も張ります。大切なそら豆を寒さや霜などから守りたいですからね。今、作業は東側から。朝、東から日が昇るので成長が早いのです。そこから中央、西側へと作業を進めています」

筑後地方は霜が降りますので、植え付け直後に「寒さ対策」をして冬越しする必要があります。

担当者は、支柱の位置を決めて、一本一本、アーチ型に挿していきます。

 

img_2724img_2732

 

安武小学校の3年・4年生、安武保育園・天心幼稚園の皆さんが定植した畑も順調に育っています。

収穫は来年4月中旬の予定。

毎年、大勢の皆さんが、当法人のそら豆を楽しみにしておられます。

おいしい旬の味覚をお客様にお届けできるように頑張ります。

 

 「安武そら豆復興作戦レポート」は こちらへ →

DSC_4620

 

「安武そら豆」について

安武の町のために、久留米のためにー。子どものために、みんなのためにー。

久留米市安武町は、大河・筑後川がもたらす肥沃な土壌、豊かな自然に恵まれ、昔から農業が盛んな町です。中でもそら豆の名産地でした。

昔、安武の農家の人はそら豆をたくさん育てて、現金収入のために久留米の町中に売りに行っていました。「どこの人ね?」と聞かれて、「安武から来た」「ほんなら、これは安武豆たい」と評判に。町中の人は、5月頃になると安武町の豆売りを楽しみに待っていたそうです。

安武そら豆の特徴は、大粒でつやつや、ホクホク。

現在、市場に出荷する農家は数軒です。

そこで、2011年より当法人は、「農業振興にお役に立ちたい」と地域の皆様のご協力をいただきながら、「安武そら豆復興作戦」を実施しています。以来、少しずつ作付面積を広げ、2016年4月、まずは「安武そら豆のおいしさ」を知っていただこうと「第1回安武そら豆祭り・子ども祭り」を開催。10月には、地域の園児や小学生が安武そら豆を植える「定植体験会」を開催しました。

今後も、「安武そら豆」を地域振興につなげ、子ども達や地域の皆さんが自分達の町を誇れるよう、力を合わせて安武町の魅力を発信していきたいと思います。

 

IMG_1695IMG_1692

安武そら豆復興作戦レポート⑦ 10月24日、地域の園児や小学生が安武そら豆を植える「定植体験会」を開催しました。利用者の皆さんも参加。出会いの場ポレポレのそら豆畑に子ども達の声が響き、楽しい時間となりました。

 img_2344img_2356

 

10月24日(月)、JAくるめ安武地区カントリーエレベーター近くの畑にて、安武地域の園児・小学生を対象とした「安武そら豆」定植体験会を開催しました。

来春4月、子ども達が自分の手で収穫体験ができるように準備を進め、昨シーズンの作付面積は30アールでしたが、今シーズンは5アール増やしています。

午前は、天心幼稚園と安武保育園の皆さん、午後は、安武小学校3年生・4年生の皆さんが定植を行いました。

 

午後2時半から行われた安武小学校の皆さんの定植体験会についてご紹介します。

約110名の子ども達がやって来ました。

 

img_2333img_2373

 

安武町の野間口さんに、安武そら豆のお話をしていただきました。

「どうしてそら豆という名前なのか、知っていますか?」

「空を向いて育つから」

「よく知っているね」

「昔、安武の農家の人はそら豆をたくさん育てて、現金収入のために久留米の町中に売りに行っていました。どこの人ね?と聞かれて、安武から来たと。ほんなら、これは安武そら豆たい、と喜ばれていました。町中の人は、5月頃になるとそら豆を売りに来るのを楽しみにしたと聞いています。それくらい、おいしかったのです。今、安武で育てている農家は少ないのですが、拓くさんが、こうして立派に育てておられます」

 

img_2347img_2358

  

利用者の皆さんも定植をしました。

 

利用者の皆さんは子ども達を出迎え、見送りもしました。その後、職員・保護者の方と一緒に定植をしました。

「ここに土をかぶせよう」

「そう。少しでいいよ」

秋晴れの下、みんなで汗をかいて頑張りました。

 

img_2375img_2372

 「安武そら豆復興作戦レポート」は こちらへ →

※2011年より当法人は、「安武そら豆」という「食」を通して「農業振興にお役に立ちたい」「安武町の町おこしをしたい」と考え、「安武そら豆復興作戦」を実施。

2016年4月には「第1回安武そら豆祭り」「安武そら豆子ども祭り」を開催しました。これからも、住民の皆さんと共に、自分達の町を誇れるよう力を合わせながら安武町の魅力を発信していきたいと考えています。