社会福祉法人 拓く

安武そら豆

安武そら豆復興作戦レポート⑧12月、安武そら豆が葉を広げ、すくすくと育っています。ビニールトンネルを張る準備を進め、冬越しのためにしっかりと寒さ対策をしています。

img_2715

 

12月に入り、出会いの場ポレポレの安武そら豆畑では、苗が葉を広げてすくすくと育っていました。10月より定植を始め、安武町の皆さんと職員、地域の園児や小学生の皆さんが力を合わせて作業を行ったそら豆畑です。

 

img_2716img_2714

 

担当者は、寒さから守るために、ビニールトンネルを張る準備を進めています。

「今年はビニールの上に、パオパオ(不織布)も張ります。大切なそら豆を寒さや霜などから守りたいですからね。今、作業は東側から。朝、東から日が昇るので成長が早いのです。そこから中央、西側へと作業を進めています」

筑後地方は霜が降りますので、植え付け直後に「寒さ対策」をして冬越しする必要があります。

担当者は、支柱の位置を決めて、一本一本、アーチ型に挿していきます。

 

img_2724img_2732

 

安武小学校の3年・4年生、安武保育園・天心幼稚園の皆さんが定植した畑も順調に育っています。

収穫は来年4月中旬の予定。

毎年、大勢の皆さんが、当法人のそら豆を楽しみにしておられます。

おいしい旬の味覚をお客様にお届けできるように頑張ります。

 

 「安武そら豆復興作戦レポート」は こちらへ →

DSC_4620

 

「安武そら豆」について

安武の町のために、久留米のためにー。子どものために、みんなのためにー。

久留米市安武町は、大河・筑後川がもたらす肥沃な土壌、豊かな自然に恵まれ、昔から農業が盛んな町です。中でもそら豆の名産地でした。

昔、安武の農家の人はそら豆をたくさん育てて、現金収入のために久留米の町中に売りに行っていました。「どこの人ね?」と聞かれて、「安武から来た」「ほんなら、これは安武豆たい」と評判に。町中の人は、5月頃になると安武町の豆売りを楽しみに待っていたそうです。

安武そら豆の特徴は、大粒でつやつや、ホクホク。

現在、市場に出荷する農家は数軒です。

そこで、2011年より当法人は、「農業振興にお役に立ちたい」と地域の皆様のご協力をいただきながら、「安武そら豆復興作戦」を実施しています。以来、少しずつ作付面積を広げ、2016年4月、まずは「安武そら豆のおいしさ」を知っていただこうと「第1回安武そら豆祭り・子ども祭り」を開催。10月には、地域の園児や小学生が安武そら豆を植える「定植体験会」を開催しました。

今後も、「安武そら豆」を地域振興につなげ、子ども達や地域の皆さんが自分達の町を誇れるよう、力を合わせて安武町の魅力を発信していきたいと思います。

 

IMG_1695IMG_1692

安武そら豆復興作戦レポート⑦ 10月24日、地域の園児や小学生が安武そら豆を植える「定植体験会」を開催しました。利用者の皆さんも参加。出会いの場ポレポレのそら豆畑に子ども達の声が響き、楽しい時間となりました。

 img_2344img_2356

 

10月24日(月)、JAくるめ安武地区カントリーエレベーター近くの畑にて、安武地域の園児・小学生を対象とした「安武そら豆」定植体験会を開催しました。

来春4月、子ども達が自分の手で収穫体験ができるように準備を進め、昨シーズンの作付面積は30アールでしたが、今シーズンは5アール増やしています。

午前は、天心幼稚園と安武保育園の皆さん、午後は、安武小学校3年生・4年生の皆さんが定植を行いました。

 

午後2時半から行われた安武小学校の皆さんの定植体験会についてご紹介します。

約110名の子ども達がやって来ました。

 

img_2333img_2373

 

安武町の野間口さんに、安武そら豆のお話をしていただきました。

「どうしてそら豆という名前なのか、知っていますか?」

「空を向いて育つから」

「よく知っているね」

「昔、安武の農家の人はそら豆をたくさん育てて、現金収入のために久留米の町中に売りに行っていました。どこの人ね?と聞かれて、安武から来たと。ほんなら、これは安武そら豆たい、と喜ばれていました。町中の人は、5月頃になるとそら豆を売りに来るのを楽しみにしたと聞いています。それくらい、おいしかったのです。今、安武で育てている農家は少ないのですが、拓くさんが、こうして立派に育てておられます」

 

img_2347img_2358

  

利用者の皆さんも定植をしました。

 

利用者の皆さんは子ども達を出迎え、見送りもしました。その後、職員・保護者の方と一緒に定植をしました。

「ここに土をかぶせよう」

「そう。少しでいいよ」

秋晴れの下、みんなで汗をかいて頑張りました。

 

img_2375img_2372

 「安武そら豆復興作戦レポート」は こちらへ →

※2011年より当法人は、「安武そら豆」という「食」を通して「農業振興にお役に立ちたい」「安武町の町おこしをしたい」と考え、「安武そら豆復興作戦」を実施。

2016年4月には「第1回安武そら豆祭り」「安武そら豆子ども祭り」を開催しました。これからも、住民の皆さんと共に、自分達の町を誇れるよう力を合わせながら安武町の魅力を発信していきたいと考えています。

 

安武そら豆復興作戦レポート⑥ 2016年10月21日、安武そら豆の定植を始めました。芽出し作業、畑づくりをして、いよいよタネ植え。来年4月の収穫が楽しみです。

 dsc_5328dsc_5325

 

10月21日(金)より、JAくるめ安武地区カントリーエレベーター近くの畑にて、安武そら豆の定植を始めました。

この日は、安武町の皆さんと職員が力を合わせて作業を行いました。

 

 %e8%8a%bd%e5%87%ba%e3%81%97%e4%bd%9c%e6%a5%ad-1%e8%8a%bd%e5%87%ba%e3%81%97%e4%bd%9c%e6%a5%ad-3

9月に芽出し作業をしたタネです。

 

畑づくりは地域の皆さんのご協力をいただいて行っています。

耕したり、石灰や肥料を散布したり。

石灰は、酸性に傾きがちな土を中和し野菜が育ちやすい土にするためです。

そして、水はけをよくするための畝(うね)を立てました。

間隔を空けながら、表面に水がたまらないよう平らにならし、マルチ(黒いビニールシート)を張っています。

 

dsc_4418

 

定植のこの日は、タネの一個一個をていねいに植えていきました。

来年の春に向けて、地域の皆さんと一緒に、「安武そら豆復興作戦」の始まりです。

 

dsc_4423dsc_4427

 

「安武そら豆復興作戦レポート」は こちらへ →

※2011年より当法人は、「安武そら豆」という「食」を通して「農業振興にお役に立ちたい」「安武町の町おこしをしたい」と考え、「安武そら豆復興作戦」を実施。

2016年4月には「第1回安武そら豆祭り」「安武そら豆子ども祭り」を開催しました。これからも、住民の皆さんと共に、自分達の町を誇れるよう力を合わせながら安武町の魅力を発信していきたいと考えています。

 

 

安武そら豆復興作戦レポート⑤ 4月22日(金)「第1回安武そら豆 子ども祭り」を開催しました。当法人のそら豆畑を見学、そら豆人形作り、そら豆料理を楽しみました。

IMG_0783IMG_0762

 

私たちは、安武校区の保育園・幼稚園に通う子どもたちに、昔から安武町は農業が盛んな町、中でもそら豆の名産地だったことを伝え、自分達の町を誇りに思ってほしいと願っています。

そこで、4月22日(金)、「第1回安武そら豆祭り」の一環として、安武町のJAくるめ安武地区カントリーエレベーターにて、「安武そら豆 こども祭り」を開催しました。

ご参加いただいたのは、「安武保育園」と「天心幼稚園」の園児の皆さんと先生方約100名、そして、当法人の利用者の皆さん、合計110名の皆さん。有難うございました。

当日は、良いお天気に恵まれて、園児の皆さんはそら豆畑の見学やそら豆人形づくりなどをそれぞれ楽しんでいました。

 

当日の様子を写真でご紹介します。

 

当法人の安武そら豆畑を見学

IMG_0745_DSC2293

 

安武町で70年以上そら豆を育ててきた中村日月さんにお話をしていただきました

「昔から、安武のそら豆はおいしいと評判でした。その土地に合う作物があるように、安武の土はそら豆に合っています。だから、おいしいのです」

 

そら豆人形を作りました

利用者の皆さんも笑顔で参加しました!

IMG_0806IMG_0772

 

安武保育園の先生がそら豆人形の作り方を教えてくださり、みんなで輪になって作りました。

そら豆の房に腕となる穴をあけ、棒(草)を2本(左右)差し込みます。

目や口をマジックで書いたらそら豆人形の出来上がり。

上下に引っ張ると腕が動きます。

園児の皆さんのいろいろな声が聞こえてきます。

「先生、ここはどうするの?」

「あ、動いた」

 

IMG_0816IMG_0756

 

「ほら、見て、見て」。出来上がると、カメラに向かってポーズ!「ワーイ!」

本当にうれしそうですね。

 

安武そら豆の料理をいただきました

IMG_0854IMG_0836

献立は、「そら豆ご飯」「そら豆シチュー」「そら豆蒸しパン」です。

 

IMG_0801IMG_0794

 

そら豆尽くしのおいしいお料理を用意してくださったのは、地域ボランティアの皆さんです。

有難うございました。

 

「安武そら豆子ども絵画コンクール」を行いました

後日、園児の皆さんが安武そら豆の絵を描きました。

素敵な絵画を有難うございます。

受賞作品は次の作品です。

 

zvm   

 

今後も、当法人は「土に触れる・種を植える・育てる・収穫する・春の味覚を楽しむ」という食育の場として「安武そら豆 子ども祭り」を開催していきたいと思います。

皆さまのご協力をお願いいたします。

 

安武そら豆復興作戦レポート④ 4月24日(日)「第1回安武そら豆祭り」を開催しました。安武そら豆を使った料理のコンテスト、うまかもんの料理に舌鼓。おいしいそら豆をみんなで楽しむことができました。ご協力をいただいた皆さん、ご来場いただいた皆さん、有難うございました。

IMG_0914IMG_0981

 

4月24日(日)、10時より、安武町のJAくるめ安武地区カントリーエレベーターにて、「第1回安武そら豆祭り」を開催しました。小雨模様でしたが、開会と同時に多くのお客様が農産物販売の「やすたけマルシェ」へ。「うまかもん市」の各店も料理を販売しました。焼きそら豆やそら豆ピザ、そら豆ご飯、そら豆かきあげ、そら豆パスタ、そら豆クリーム煮など、お店によっては、プロのご協力をいただいた自慢の料理です。多くの方々が堪能されていました。

そして、「そら豆料理コンテスト」。地元の皆さん8団体が参加し、そら豆を使った自慢料理を競い合いました。投票をしようと多くの皆さんが行列に並んだ人気イベントでした。

 

「安武そら豆」をキーワードに開催した「第1回そら豆祭り」。素敵な料理が新たに生まれ、一緒に味わい、笑顔あふれる一日となりました。

ご協賛をいただいた株式会社森光商店、株式会社和泉プロパンの皆様、有難うございました。

 

 会場の様子を写真でご紹介します。

 

「うまかもん市」 各店が自慢料理を販売しました。

IMG_0927IMG_0944

 

焼きそら豆、そら豆ピザ、そら豆ご飯、そら豆かきあげ、そら豆パスタ、そら豆クリーム煮など自慢の料理です。

召し上がった皆さんからはこんな感想をいただきました。

「焼きそら豆は、何も付けないでそのまま食べるのがおいしい。驚きました」

「ピザが最高!生地とそら豆の相性がぴったりですね」

「クリーム煮をお代わりします。コクがあっておいしい」。

 

IMG_0891IMG_0899

 

 

大人気の「そら豆料理コンテスト」

IMG_0958IMG_0907

 

11時より、「そら豆料理コンテスト」が始まりました。すでに行列が!参加した皆さんはお箸を持って、8団体の料理を試食します。最後に「おいしい」と気に入った料理にお箸で投票。

8団体の皆さんがこしらえた料理は、「そら豆とささ身の中華炒め」「そら豆の煮物」「そら豆ガーリック炒め」「そら豆ポタージュ」「そら豆入りだんご汁」「そら豆白玉だんご」「そら豆パスタ」「そら豆ご飯」の100食分。

投票の結果は、第1位「そら豆ガーリック炒め」となりました。

素敵なお料理を作ってくださって、有難うございました。

 

IMG_0916IMG_0929

投票をしようと行列ができました。投票はお箸で。「迷うわあ」。

 

IMG_0900IMG_0910

8団体の皆さんは、準備に奮闘中。「味はよかよ!」

 

IMG_0953IMG_0955

表彰式にて 第1位となった「そら豆ガーリック炒め」。

第2位、第3位、そして参加団体の皆様を表彰しました。

有難うございました。

 

 

安武で育った新鮮野菜の販売「やすたけマルシェ」

 IMG_0940IMG_0874

 

安武そら豆を始め、タケノコ、新玉ねぎ、サラダ菜などを販売しました。

安武町で育った新鮮な野菜です。お客様は次々と購入され、完売。

 

こども広場 親子で楽しみました!

IMG_0964IMG_0892

つばめ紙ひこうき作りやヨーヨー遊びなどを親子で楽しんでおられました。

 

 

「熊本地震への支援物資」を集めました。被災地へお届けします。

IMG_0976IMG_0887

   

私たちは、当法人HPでご紹介していますように、熊本地震への支援を続けています。

地域の皆さんに呼びかけて、タオル、シャンプー類、くつした、下着、ズボンなどを会場に持参していただきました。

被災地の皆さんにお届けします。有難うございました。