事業の紹介

事業の紹介

第2種社会福祉事業

[障害福祉サービス事業]

1. 就労継続支援A型(雇用型)

事業概要
企業等に就労することが困難な障がいのある方に対して、雇用契約に基づく生産活動の機会の提供、知識及び能力の向上のために必要な訓練等を行います。

このサービスを通じて一般就労に必要な知識や能力が高まった方は、最終的には一般就労への移行を目指します。

事業所名
出会いの場ポレポレ

2. 就労継続支援B型(非雇用)

事業概要
通常の事業所に雇用されることが困難な就労経験のある障がいのある方に対し、生産活動等の機会の提供、知識及び能力の向上のために必要な訓練等を行います。

このサービスを通じて生産活動や就労に必要な知識や能力が高まった方は、就労継続支援A型や一般就労への移行を目指します。

事業所名
出会いの場ポレポレ夢工房

3. 生活介護

事業概要
常に介護を必要とする方に対して、排せつ・食事等の介助を行います。また、生産活動・創作的活動・地域活動の機会の提供のほか、身体機能や生活能力の向上のために必要な援助を行います。
事業所名
出会いの場ポレポレ夢工房

4. 居宅介護(身体介護・家事援助・通院介助)

事業概要
ホームヘルパーが、居宅を訪問して、入浴、排せつ、食事等の介護、調理、洗濯、掃除等の家事、生活等に関する相談や助言等、生活全般にわたる援助を行います。
事業所名
ポレポレ居宅介護支援センター

5. 重度訪問介護

事業概要
重度の肢体不自由または重度の知的障がいもしくは精神障がいがあり常に介護を必要とする方に対して、ホームヘルパーが自宅を訪問し、入浴、排せつ、食事等の介護、調理、洗濯、掃除等の家事、生活等に関する相談や助言等、生活全般にわたる援助や外出時における移動中の介護を総合的に行います。
事業所名
ポレポレ居宅介護支援センター

6. 行動援護

事業概要
行動に著しい困難を有する知的障がいや精神障がいのある方が、行動する際に生じ得る危険を回避するために必要な援護、外出時における移動中の介護、排せつ、食事等の介護のほか、行動する際に必要な援助を行います。
事業所名
ポレポレ居宅介護支援センター

7. グループホーム(共同生活援助)

事業概要
障がいのある方に対して、主に夜間において、共同生活を営む住居で相談、入浴、排せつ、または食事の介護、その他の日常生活上の援助を行います。
事業所名
チェムチェム

8. 自立生活援助

事業概要
居宅において単身等で生活する障がいのある方に対し、定期的な巡回訪問、または連絡を受けて行う訪問、相談対応等により居宅における自立した日常生活を営む上での各般の問題を把握し、必要な情報の提供及び助言並びに相談、関係機関との連絡調整等の自立した日常生活を営むために必要な援助を行います。
事業所名
ホップ

9. 短期入所(児童)

事業概要
自宅で介護を行っている方が病気等の理由により介護を行うことができない場合に、障がいのある児童にグループホームに短期間入所してもらい、入浴、排せつ、食事のほか、必要な介護を行います。
事業所名
レスパイトハウスニュンバ・レスパイトハウス御井あんだんて

10. 児童発達支援

事業概要
障がいのある未就学児に対し、日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与、集団生活への適応訓練等を行います。
事業所名
出会いの場Leo

11. 相談支援

特定相談支援

事業概要
福祉サービスを利用する際に必要なサービス等利用計画や障がい児支援利用計画の作成をお手伝いし、適正なサービス利用を調整します。

一般相談支援

事業概要
【地域移行支援】
入所施設に入所または精神科病院に入院している障がい者について、住居の確保やその地域における生活に移行するための活動に関する相談、地域移行のための障がい福祉サービス事業所への同行支援を行います。
【地域定着支援】
居宅で一人暮らしをしている障がい者が、地域生活を継続していくために常時の連絡体制の確保による緊急時等の支援体制が必要と見込まれるものについて、障がい特性に起因して生じた緊急の事態等に緊急訪問や緊急対応等の支援を行います。
事業所名
相談支援センター カリブ

[地域生活支援事業]

1.移動支援

事業概要
一人での外出が困難な障がい者が、公共交通機関を使って外出する際に、付き添う人がいない場合、ヘルパーによる移動の介護を行います。
事業所名
ポレポレ居宅介護支援センター

[老人居宅生活支援事業](介護保険)

1. 訪問介護

事業概要
要介護1~5の方に対して、ホームヘルパーが自宅を訪問して、身体介護や生活援助を行います。
事業所名
ポレポレ居宅介護支援センター

公益事業

1.コミュニティづくり推進事業

2.喀痰吸引等研修(第3号)の実施

喀痰吸引等研修とは、「たんの吸引(口腔内、鼻腔内、気管カニューレ内部)」と「経管栄養(胃ろう、腸ろう、経鼻経管栄養)」を行える介護職員等を養成するための研修です。基本研修と実地研修に分かれていて、両方修了することで、医師の指示や看護師との連携のもと、特定の者に対して「たんの吸引」「経管栄養」が実施できるようになります。

3.基幹相談支援センターの受託 (久留米市)

障害者基幹相談支援センターは、地域における障がいのある方の相談支援の拠点として、あらゆる障がいに対する総合的な相談業務や相談支援事業所に対する支援等の業務を実施する機関です。

4.介護予防・生活支援総合事業(介護保険)

要支援1・2の方に対して行う事業です。

      • 身体援助訪問サービス
事業概要
身体介護が必要な方に対して、身体介護や生活援助等のサービスを行います。
      • 元気援助訪問サービス
事業概要
一人で行うことが困難な家事について共に行うことで介護予防や自立を目指します。
      • 生活援助訪問サービス
事業概要
身体介護が必要ない方で、疾患等により家事を共に行うことが困難な方に対して生活援助を行います。
事業所名
ポレポレ居宅介護支援センター