社会福祉法人 拓く

5月2018

5月、石橋文化センター「春のバラフェア」に出店しました。「出会いの場ポレポレ」「夢工房」「惣菜処ぽれぽれ」が商品を販売。完売続出でした。ご来場いただき、有難うございました。

kk bb

 

今年も5月3日(木)から6日(日)まで、石橋文化センター「春のバラフェア」に出店しました。初日からの3日間はお天気に恵まれ、バラは満開。5月のさわやかな風も吹いて、たくさんの方がきれいなバラと音楽に誘われて、癒しの時間を過ごしに来場されていました。

その中で、「惣菜処ぽれぽれ」はお弁当、「夢工房」はサンドセット・バラサイダー・バラパフェ・お菓子、「出会いの場ポレポレ」はパンとマフィンセットを販売しました。どれも好評で、完売続出。利用者さんも自分たちが作った商品の販売やバラサイダー、パフェ作りをすることに必死になり、いきいきと明るい表情で仕事をしていたことが印象的でした。

また、毎年のように購入していただく常連の方がおられますし、「ポレポレを知っているよ」と声を掛けてくださると嬉しくなり、みんなで来年もがんばろうと話をしています。

                       (夢工房 山本 眞理子)

 

 

5月15日発行の最新版、第318号「シャイニング」を発行しました。今号は新年度の活動について「出会いの場ポレポレ」「夢工房」「惣菜処ぽれぽれ」の担当スタッフよりのメッセージを掲載しております。また、第3回安武そら豆まつりや子ども達によるそら豆収穫体験、避難訓練の報告も掲載。ぜひご覧ください。

 0001900029 

シャイニング5月15日号 №318 詳しくは こちらへ →

 

当法人は、2001年より「Shining(シャイニング)」を発行しています。

それ以来発行を続け、今回の5月15日号で通巻318号になりました。

現在は、主に出会いの場ポレポレ、惣菜処ぽれぽれ、夢工房、グループホームを利用されている皆さんに、当法人の活動などをお伝えするために発行しています。

発行は月1回を予定しています。

ぜひご覧ください。

 

 

安武そら豆復興作戦㉕ 4月28日、「第3回安武そら豆祭り」を開催しました。ご来場いただき、有難うございました。イベントを通して、もっともっと安武町を盛り上げていきたいと思います。

 

j

 

安武町の特産物である「安武そら豆」を多くの方に知っていただきたいという思いで実施してきた「安武そら豆祭り」も今年で3回目を迎えました。

今回の祭りの会場は、昨年新たにオープンした「JAくるめ安武農産物直売所そらまめ」です。地域食堂も開店したことで、今では多くの方に利用していただけるようになりました。その一方で地域食堂を利用する人もだんだん固定されており、このままでは新しいお客様に来ていただくことが出来ないのではという不安もありました。そこで、直売所を知っていただくには、やっぱりイベントをすることだと考え、今年度は「安武ほんによかね会」と「出会いの場ポレポレ」が共同で話し合いを重ね「安武そら豆祭り」を開催することが出来ました。

 

k

 

4月28日(土)の当日は晴天にも恵まれ、朝から安武そら豆を求めて多くの方に足を運んでいただきました。また、地元産の野菜やそら豆かきあげ、そら豆ご飯などのバザーブース、そら豆パスタソースや豆板醤などのそら豆商品販売会、子ども広場なども実施。商品を手に取る皆さんの笑顔が会場にあふれていました。これからも安武を盛り上げるべくたくさんの企画を考えていきたいと思います。  (出会いの場ポレポレ 児玉 元気)

 

そら豆祭り 

安武そら豆加工品について こちらへ →

安武そら豆復興作戦    こちらへ →

 

 

安武そら豆復興作戦㉔ 4月26日・27日、今年も子どもたちと安武そら豆の収穫を行いました!自分たちで植えたそら豆を収穫する時の子どもたちの笑顔!地域の皆さん、保育園・幼稚園・小学校の皆さん、ご協力有難うございました。

そら豆収穫2

 

 地域復興支援の一環として、3年前より子どもたちと安武そら豆の定植および収穫体験を実施してきました。昨年10月には、安武町の保育園・幼稚園・小学校の子どもたちと一緒にそら豆の定植を行いました。今年は寒暖の差が激しく、そら豆が収穫できるか心配しましたが、無事に冬を越すことができました。

今年の4月に入り、子どもたちが植えたそら豆もすくすく育ってきた頃、地域の方々に協力していただき、子どもたちに安武そら豆を使ったご飯を食べてもらいました。また、そら豆のことをもっと知ってもらおうと、そら豆の歴史の話やクイズをして楽しみました。

その日は雨天のため収穫体験は26日(木)・27日(金)に実施。そら豆を取る時の子ども達の笑顔が心に残りました。また来年も大きなそら豆が取れるとよいですね。

 私たちは、安武町がそら豆の名産地だったことを子どもたちに伝え、自分達の町を誇りに思ってほしいと願っています。今後も、「土に触れる・種を植える・育てる・収穫する・春の味覚を楽しむ」という食育の場としてこの交流を続けていきたいと思います。

 ご協力いただいた地域の皆さん、保育園・幼稚園・小学校の皆さん、有難うございました。

 (出会いの場ポレポレ 小川 真太朗)

 

そら豆収穫

安武そら豆加工品について こちらへ →

安武そら豆復興作戦    こちらへ →