社会福祉法人 拓く

10月2018

10月1日発行の最新版、第323号「シャイニング」を発行しました。日々の備えを考える「いざという時の備えのために」や「地域の施設でゆるレクを」、体験報告の「もっと身近に介護に触れて」を掲載しています。ぜひご覧ください。

 0001

 シャイニング10月1日号 №323 詳細はこちらへ → PDF

 

当法人は、2001年より「Shining(シャイニング)」を発行しています。

それ以来発行を続け、今回の10月1日号で通巻323号になりました。

現在は、主に出会いの場ポレポレ、惣菜処ぽれぽれ、夢工房、グループホームを利用されている皆さんに、当法人の活動などをお伝えするために発行しています。

発行は月1回を予定しています。

ぜひご覧ください。

9月、「拓く通信」の紙面をリニューアルし、第11号を発行しました。「風をおこそう―みんなが担い手~人口減少社会に、みんなで向き合いたい~」をテーマに、2017年度厚生労働省のモデル事業に取り組んだプロジェクトの特集や重い障害があっても一人暮らしをしている「もうひとつのくらし」へのチャレンジなどを掲載。ぜひご一読ください。

 1p

「拓く通信」第11号 詳細はこちらへ → PDF       

 

2018年9月、「拓く通信」第11号を発行いたしました。「拓く通信」は、障害が重くても誰もが地域で暮らしてほしいと願い、「コミュニティづくり」に取り組む当法人の活動を、多くの皆さんに伝えるために制作した広報誌です。

今号より紙面をリニューアルし、年2回の発行を予定しております。

 

今回は、「風をおこそう―みんなが担い手~人口減少社会に、みんなで向き合いたい~」をテーマに、2017年度厚生労働省のモデル事業に取り組んだプロジェクトの特集や重い障害があっても一人暮らしをしている「もうひとつのくらし」へのチャレンジなどを掲載しております。

どうぞご一読ください。

 

〇配布場所

出会いの場ポレポレ(安武町)・パン工房ポレポレ(安武町)・FOODS CAFE YUME(御井町)・惣菜処ぽれぽれ(上津町)・各グループホーム

 

 

 

11月4日(日)、第17回ポレポレ祭りを開催します。テーマは、「つながって、コラボして、何かが生まれる!」。今回はケニア共和国の料理・展示による文化交流「ケニアフェア」も開催!一人ひとりが持つアイデアやスキル、個性などを活かし、力が湧き出るような新しい祭りを創り上げます。どうぞ、ご来場ください。

porepore2018_a3 のコピー  PDFダウンロードこちらへ →

 

 第17回ポレポレ祭り

テーマ:つながって、コラボして、何かが生まれる!

日 時:11月4日(日) 9:45~15:00 雨天決行

会 場:出会いの場ポレポレ

 

ポレポレ祭りは、2002年(平成14)秋より回を重ね、今回で17回目を迎えます。

その目的は「祭りを通して、多くの人たちとつながること」。現在、多くの方々に支えていただきながら、来場者が約3,000名を超す大きなお祭りになりました。

 ※ポレポレ祭りの詳細は こちらへ →

 

今年も、飲食バザーやガレージセール、イベントステージ、子ども広場など、たくさんの企画で、皆様をお迎えします。どうぞご来場ください。

 

・ケニアフェア

2020年は東京オリパラ開催の年、そして法人設立20周年の節目の年でもあります。久留米市はケニア共和国の事前キャンプ地となりました。当法人の事業所の名称は、『ポレポレ(ゆっくりゆっくり)』『チェムチェム(泉)』『ニュンバ(家庭)』と、スワヒリ語(ケニアの言葉)です。今回、歓迎の思いを込めて、「ケニアフェア」を企画しました。ケニア共和国の料理や展示をお楽しみください。

 

・東北と熊本からも出店

東北被災地からは7年連続、熊本からは3年連続の出店です。

ご当地グルメと物産を販売します。ご期待ください。

 

IMG_5104IMG_5087IMG_5085IMG_5031IMG_5125IMG_2755