フォーラム・プロジェクト・研修

フォーラム・プロジェクト・研修

協働し、学び、この地域を変えていく

国のプロジェクト

厚生労働省や福祉医療機構の助成事業を受け、障がい者の問題をはじめ、社会の変容に伴う様々な生きづらさにスポットを
当て、様々な立場の方と連携し、「どうなっているのか、どうしたらいいのか」について調査・研究しています。

平成18(2007)年度
事業主体 社会福祉法人 拓く
助成金名 平成18年度 障がい者保健福祉推進事業
事業名 「精神障がい者ノーマライゼーション5ヶ月戦略 ~支援対象者のユニバーサル化を めざして~」
期間 平成18年度 障がい者保健福祉推進事業
報告書 事業報告書
平成19(2008)年度
事業主体 特定医療法人勇愛会 大島病院(社会福祉法人 拓くは一部を委託)
助成金名 平成19年度 障がい者保健福祉推進事業
事業名 「地域生活をしている重症精神障がい者の身体合併症予防および早期診断に関する包括的地域支援事業」
期間 平成19年11月1日~平成20年3月31日
報告書 事業説明用プレゼンテーション
事業主体 NPO法人 くるめ出逢いの会(社会福祉法人 拓くは協力機関として事業参画)
助成金名 平成19年度 障がい者保健福祉推進事業
事業名 「精神障がい者当事者による普及啓発のあり方に関する研究 ~精神障がい者は素晴らしいといわれる社会を目指して~」
期間 平成19年11月17日~平成20年3月31日
報告書 事業説明用プレゼンテーション

精神障がい者のためのプロジェクト
平成20(2009)年度
事業主体 社会福祉法人 拓く
助成金名 平成20年度 独立行政法人福祉医療機構助成金
(高齢者・障害福祉基金「一般分」)
事業名 「谷間の支援を障がい者と地域の人でつくる事業」
期間 平成20年4月1日~平成21年3月31日
報告書 事業報告書
事業説明用プレゼンテーション
事業主体 社会福祉法人 拓く
助成金名 平成20年度 厚生労働省 障がい者保健福祉推進事業
事業名 『障がい者の地域での暮らしを当たり前のものとするための事業  
~ “暮らしの場”や”暮らしの支援”のあり方について ~』
期間 平成20年4月1日~平成21年3月31日
報告書 事業説明用プレゼンテーション

フォーラム・シンポジウム

地方都市の久留米でも全国レベルの勉強ができる場、市民レベルで障がい者の問題をはじめ、子どもたちをはじめ、 若者、高齢者が抱える生きづらさについても考えられる場づくりを様々な立場の方々と一緒に創っています。

フォーラムinくるめ(1~4回)(拓くは事務局を務める)
~障害があるからこそ、ここで暮らす、そんなまちにしたい~

テーマ「障害があるからこそ、ここで暮らす、そんなまちにしたい」のもと、当事者・福祉・医療・教育・行政と手をつないで1,000人規模のフォーラムを開催してきました。フォーラムづくりを通して、実行委員同士のつながりや、意識変革、新しい動きが生まれています。

第2回フォーラム
第2回フォーラム
フォーラム実行委員会
フォーラム実行委員会
1回
タイトル 「聴こう・知ろう・みんなで創ろう」
日付 平成17(2005)年1月22日(土)~23日(日)
場所 ホテルニュープラザ
参加費 3,000円
内 容 パンフレット
ポスター
2回
タイトル 「地域で学び・地域で働き・地域で暮らす」
日付 平成17(2005)年12月10日(土)~11日(日)
場所 石橋文化センター(共同ホール)
参加費 3,000円(1 日参加:2000 円)
内 容 パンフレット
ポスター
3回
タイトル 「障がい者の問題はみんなの問題」
日付 平成19(2005)年7月14日(土)~15日(日)
場所 久留米市民会館
参加費 両日:2,500円、1日:1,500円、障害当事者:500円
内 容 パンフレット
ポスター
4回
タイトル 「障害児者の支えになるもの~知ることがつながることの第一歩~」
日付 平成22年2月7日(日)
場所 石橋文化センター(大ホール)
参加費 一般:1,500円、障害当事者:500円
内 容 パンフレット
ポスター

生き方を探るシンポジウム(拓くは事務局を務める)

閉塞感や不安感が充満する現代社会で、豊かな生き方について考えるシンポジウム。当日は市民約1,100人が参加し、これまで追求してきた物質的な豊かさから、今、求められている「新しい豊かさ」を探った。

生き方を探るシンポジウム
タイトル 「生き方を探るシンポジウム」
日付 平成23年2月12日(土)
場所 久留米市民会館大ホール
参加費 前日 1,500円、500円(学生、障害当事者)
当日 2,000円、500円(学生、障害当事者)
内 容 チラシ
パンフレット

第10回 グループホーム学会全国大会(in 久留米)(拓くは事務局を務める)

第10回となる日本グループホーム学会の全国大会は、福岡県久留米市(九州初)で開催しました。「ケアホームのグループホームへの一元化」など制度が大きく変わる中、制度のあり方を考える上で重要な大会だったと思います。1 日目 約 750 名、2 日目 約 650名の来場者がありました。

タイトル 混ざり合って暮らす そげなまちにするばい
日付 平成25年6月29日(土)、30日(日)
場所 久留米市民会館大ホール
参加費 会 員 (両日券)3,000円、(1日券)1,500円
非会員 (両日券)4,000円、(1日券)2,000円
当事者・学生 500円
内 容 チラシ
パンフレット

グループホーム学会福岡大会