社会福祉法人 拓く

イベント・研修 (イベント)

11月6日、「~湧き出る力 ☆ みんなで創ろう~」をテーマに、第15回ポレポレ祭りを開催しました。たくさんの皆さん!一緒に創りあげていただいて、ありがとうございます。

img_0033img_0078

 

11月6日(日)、秋晴れの空の下、第15回ポレポレ祭りは、3000人以上の来場者をお迎えすることができ、大成功を収めることができました。お陰さまで、バザー28団体、ステージ出演13団体、400人を超えるボランティアの皆さんも集まり、ガレージセールの商品提供には2000点以上、広告協賛に281件、合計208万円をいただきました。多くの方々のご協力・ご支援をいただき、誠に有難うございました。

今年のテーマは「湧き出る力 ☆ みんなで創ろう」です。多くの方々に参画していただき、一緒に創りあげていただきました。4月に当法人が初めて行ったそらまめ祭りや、8月に安武八幡神社での「よど」など地域に拓かれた行事に参加し、そこで出会った人たちがまた新たにポレポレ祭りで活躍していただきました。

学校交流でも、障がい学習、干潟体験、安武町とそらまめの学習、そらまめの定植、そらまめマグネット作りやお祭り当日のゲームを一緒に考えたり、多くの交流を通してそれぞれが知り合い、学び、楽しんだりしたことで、お祭りだけではなく、同じ地域の仲間としてのつながりを広めていきました。

また、合理的配慮の行き届いた会場づくりを毎年進めています。今年は新たに視覚障害への配慮ということで、実行委員会で福岡県盲人会連合の池田会長をお呼びし、アドバイスをいただき、点字のパンフレットを作ったり、どのようにガイドをしたりすればよいのかお話いただいたりしてきました。

そして、今回も、被災地・東北の方々に6年続けて祭りに参加していただき、物産の販売やなみえ焼きそば、さらに4月熊本震災から当法人が支援を続けているたんぽぽハウスの皆さんにもお忙しい中、祭りに初参加していただき、物産の販売やいのししラーメンの販売で大盛況でした。イベントでは災害クロスロードを行い2つの震災を通して、私たち自身が日頃から何を備えるべきか、みんなで学ぶことができました。

今年から始まった子ども広場では、鯉の釣堀、皿回し、バルーンアート、紙飛行機では地域の方から多くの手伝いをいただきました。イベントではみんなが思い思いに踊り、歌い、笑いとても晴れやかな時間を過ごすことが出来ました。

2002年秋より15回続いてきた「ポレポレ祭り」。積み上げた歴史、つながりがあって本日を迎えられたと実感しています。今後、「湧き出る力 ☆ みんなで創ろう」という思いが広がっていき、誰でも混ざり合えるような社会になっていくよう願っています。

どうぞ、来年の「ポレポレ祭り」もご協力・ご支援をよろしくお願い申し上げます。

 

社会福祉法人拓く      理事長 野田 文子

出会いの場ポレポレ    管理者 北岡 さとみ

第15回ポレポレ祭り 実行委員長  前田 力哉

 

 

 img_0039img_0037

社会福祉法人拓く 理事長 野田 文子    第15回ポレポレ祭り 実行委員長 前田 力哉

 

img_0074 子ども広場

 

 img_0128img_0153

メインステージは盛りだくさん!

歌や踊り、太鼓演奏、トライアル自転車などを披露していただき、有難うございました。

 

 img_0238

6月5日、久留米市環境フェアに、ポレポレ倶楽部がたこ焼きを出店しました。保護者の皆さんの指導で若いスタッフらが準備や調理!多くのお客様に「おいしい」と喜んでいただきました。

IMG_1445

 

6月5日(日)、久留米百年公園で行われた「第26回くるめ環境フェア」にポレポレ倶楽部が参加しました。

当倶楽部のブースでは、今年も利用者さんや保護者、スタッフがポレポレ名物のたこ焼きを作って販売。今後のポレポレ倶楽部を担っていく若いスタッフらを中心に準備や調理に取り組みました。同倶楽部は設立から約15年。当法人を人的・物的に支援する後援団体です。

当日はあいにくの小雨混じりの空模様でしたが、当ブースは熱気で溢れており例年通り大盛況のうちに出店を終える事が出来ました。

私は初めて環境フェアに参加しましたが、保護者や買いに来ていただいた方々とたくさん混ざり合うことが出来て良い経験となりました。今後もポレポレ倶楽部を盛り上げていけるよう若いスタッフみんなで協力して頑張っていきたいと思います。  

                       (出会いの場ポレポレ 時 あおい)

                       

ポレポレ倶楽部についての詳細は当法人HPをご覧ください →こちらへ

ポレポレ倶楽部 会員募集!6月1日発行「拓く通信」をご覧ください! →こちらへ

 

IMG_1444

 

 

6月1日 出会いの場ポレポレにて、書道家シンガーの友近890(やっくん)さんのミニライブを催しました。「誰かのために歌い、元気をあげたい」と、歌や書道で会場を盛り上げていただきました。

IMG_1406IMG_1414

 

6月1日(水)、日本一周しながら全国の施設、学校等で書道ライブをしておられる友近890(やっくん)さんが「出会いの場ポレポレ」に来てくださいました。

友近890(やっくん)さんは、歌いながら書道をする日本唯一のシンガーソングライター(愛媛出身、東京在住)です。ご本人のブログによれば、28歳から音楽活動開始し、2009年(29歳)CDデビュー。書家として美術年鑑にも登録されており、現在、東京を拠点に東日本大震災のボランティアライブを経て、日本一周をしながら全国の高齢者施設・障がい者施設・学校・保育園などに出向いて700施設(42,000人以上)に歌を届けておられます。

 

IMG_1409

 

当日は、一時間程のミニライブを行っていただき、歌や書道で大いに盛り上げていただきました。

特に、利用者さんも職員も初めて見る書道パフォーマンスでは、出来上がった作品に会場内から大歓声が沸き起こりました。

今回の新たな出会いに感謝し、これからも友近890(やっくん)さんを応援していきたいと思います。そして、出会いの場ポレポレではこれからも楽しい企画をたくさん行っていきたいと思います。         (主任 児玉 元気)

 

 

書道家シンガー友近890(やっくん)さんの紹介と今回のミニライブはブログで紹介されています。

ぜひご覧ください。 

→詳細はこちらへ 

日本5週目!笑顔届ける施設ライブ!今年13県目792・793施設目!福岡県久留米市!

 

友近890

 

2015年12月13日 安武校区健康マラソン大会に参加しました。多くの方々から声援をいただき、3位入賞。楽しい大会となりました。

CIMG0095 

 

2015年12月13日(日)、小雨が降る中、安武校区健康マラソン大会に参加しました。

メンバーは「出会いの場ポレポレ」職員4名とおごう医院(安武町)の淡河先生、そして、以前からポレポレに関わってくださっている佐藤さんの6名です。

今回、1人1km、タスキを渡して走る駅伝(一般)の部に出場しました。追い抜き、追い越され、結果は3位入賞!!といっても、一般の部の出場チームは3チームだったため、最下位の結果でした(笑)。しかし、「ポレポレの人やん。頑張って~」と参加していた小学生や中学生、多くの方々から温かい声援をいただきました。応援団も盛り上がり、今までいろんな方との関わりを積み重ねてきたからこその楽しい大会になったと思います。

来年は女性チームも結成するぞ!と意気込んでいます。楽しく走りたい方は、ぜひ一緒にチームを作りましょう♪

 

CIMG0098CIMG0105

 

第14回ポレポレ祭りを開催しました  ご支援・ご協力をいただき有難うございました 来年の「ポレポレ祭り」もよろしくお願い申し上げます。

 第14回ポレポレ祭り「でてこんの☆まざりあおう」を開催しました。

来年もよろしくお願いします!

 

IMG_2892

 

10月25日(日)、秋晴れの空のもと、3,000人以上の来場者をお迎えすることができ、第14回ポレポレ祭りは大成功を収めることができました。心より感謝申し上げます。

 

14回を重ねるこの祭り、今年は「若い力でこの祭りをもりあげたい」との思いから、若者を中心に事務局を構成しました。実行委員会を重ねるごとに、これまでの企画に加えて若者の間から次々に新企画が登場。しかし、若者にはアイデアはあっても運営の手だてがすぐには浮かびません。そこで知恵をいただいたのが、人生の先輩である地域の方々でした。

 

例えば、より多くの方々にご来場いただこうと、目玉企画の一つとしたのが「釣堀」。「そうだ。安武には、世界的に有名な錦鯉の尾形養鯉場がある」と発案し、尾形社長に相談しましたところ、快諾。早速、養鯉場の若者とポレポレの若者が集まり、交流の場を持ちました。ところが、釣りの経験がない若者には運営方法が思い浮かびません。そこで頼りにしたのが、安武町の日頃からお世話になっている地域の方々でした。「竿は?」「エサは?」と、一緒に準備してくださり、本番では、プールで見事な錦鯉が泳ぎ、子どもや大人が大歓声をあげました。

その周りには、久留米工業大学のフォーミュラカーや鳥飼小学校と当法人の利用者で行うくじびき、的当てなど子どもたちが楽しめるブーズを設置。そのアイデアは若者でしたが、進んでお世話をしてくださったのは地域の方々。まざり合いながら運営の話し合いをする中で、自然とそのような姿が生まれました。このように、今回のテーマ「でてこんの☆まざりあおう」が祭りの各所で実現できたのではないかと思います。

 

また、準備を重ねる中でボランティアの皆さんからたくさんお聞きしたのは、「この町が好き」「地域を盛り上げたい」という気持ち。今回の祭りを通して、ポレポレの若者一人ひとりが自分で考えて動く事が多くなったと実感できますし、今後の活動の糧になりました。

どうぞ、来年の「ポレポレ祭り」もご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

                            第14回ポレポレ祭り実行委員長 

                            児玉 元気

 

◇第14回ポレポレ祭り フォトスケッチ

IMG_2719IMG_2723

 実行委員長と理事長の挨拶

手話でお話しました。「みんな、まざり合ってください。いろんな人と交流してください!」

 

IMG_2786IMG_2827

イベントスペースは大賑わい 踊りスペースも設けました

くるめ天心幼稚園、南筑高等学校&Eオケ、安武和太鼓の会、安武保育園、デフボディパーカッションクラブ、久留米信愛女学院短期大学、東北の仲間達、COOL М.B、筑邦西中学校吹奏楽部、安武こども土曜塾、YSKスクランブル、ポレポレ48の皆さん、有難うございました。

 

IMG_2811

ガレージセール

開場前から今回も大行列でした。ご協力をありがとうございました。

 

IMG_2759IMG_2765

東北のB級グルメ「浪江焼そば」

完売しました ありがとうございました

 

 

IMG_2854IMG_2869

錦鯉釣り会場 新コーナー登場 子どもも大人も大喜び。大人気でした。

 

IMG_2748

各店舗には筆談マークを設けました