社会福祉法人 拓く

イベント・研修 (イベント)

第14回ポレポレ祭りを開催しました  ご支援・ご協力をいただき有難うございました 来年の「ポレポレ祭り」もよろしくお願い申し上げます。

 第14回ポレポレ祭り「でてこんの☆まざりあおう」を開催しました。

来年もよろしくお願いします!

 

IMG_2892

 

10月25日(日)、秋晴れの空のもと、3,000人以上の来場者をお迎えすることができ、第14回ポレポレ祭りは大成功を収めることができました。心より感謝申し上げます。

 

14回を重ねるこの祭り、今年は「若い力でこの祭りをもりあげたい」との思いから、若者を中心に事務局を構成しました。実行委員会を重ねるごとに、これまでの企画に加えて若者の間から次々に新企画が登場。しかし、若者にはアイデアはあっても運営の手だてがすぐには浮かびません。そこで知恵をいただいたのが、人生の先輩である地域の方々でした。

 

例えば、より多くの方々にご来場いただこうと、目玉企画の一つとしたのが「釣堀」。「そうだ。安武には、世界的に有名な錦鯉の尾形養鯉場がある」と発案し、尾形社長に相談しましたところ、快諾。早速、養鯉場の若者とポレポレの若者が集まり、交流の場を持ちました。ところが、釣りの経験がない若者には運営方法が思い浮かびません。そこで頼りにしたのが、安武町の日頃からお世話になっている地域の方々でした。「竿は?」「エサは?」と、一緒に準備してくださり、本番では、プールで見事な錦鯉が泳ぎ、子どもや大人が大歓声をあげました。

その周りには、久留米工業大学のフォーミュラカーや鳥飼小学校と当法人の利用者で行うくじびき、的当てなど子どもたちが楽しめるブーズを設置。そのアイデアは若者でしたが、進んでお世話をしてくださったのは地域の方々。まざり合いながら運営の話し合いをする中で、自然とそのような姿が生まれました。このように、今回のテーマ「でてこんの☆まざりあおう」が祭りの各所で実現できたのではないかと思います。

 

また、準備を重ねる中でボランティアの皆さんからたくさんお聞きしたのは、「この町が好き」「地域を盛り上げたい」という気持ち。今回の祭りを通して、ポレポレの若者一人ひとりが自分で考えて動く事が多くなったと実感できますし、今後の活動の糧になりました。

どうぞ、来年の「ポレポレ祭り」もご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

                            第14回ポレポレ祭り実行委員長 

                            児玉 元気

 

◇第14回ポレポレ祭り フォトスケッチ

IMG_2719IMG_2723

 実行委員長と理事長の挨拶

手話でお話しました。「みんな、まざり合ってください。いろんな人と交流してください!」

 

IMG_2786IMG_2827

イベントスペースは大賑わい 踊りスペースも設けました

くるめ天心幼稚園、南筑高等学校&Eオケ、安武和太鼓の会、安武保育園、デフボディパーカッションクラブ、久留米信愛女学院短期大学、東北の仲間達、COOL М.B、筑邦西中学校吹奏楽部、安武こども土曜塾、YSKスクランブル、ポレポレ48の皆さん、有難うございました。

 

IMG_2811

ガレージセール

開場前から今回も大行列でした。ご協力をありがとうございました。

 

IMG_2759IMG_2765

東北のB級グルメ「浪江焼そば」

完売しました ありがとうございました

 

 

IMG_2854IMG_2869

錦鯉釣り会場 新コーナー登場 子どもも大人も大喜び。大人気でした。

 

IMG_2748

各店舗には筆談マークを設けました

 

 

7月、大牟田市の勇壮な「大蛇山祭り」に参加しました。東北支援の「浪江焼きそば」出店の応援、頑張りました。

scan-12-4scan-12-2

 

7月25日(土)に大牟田市で開催された「大蛇山まつり」に、利用者、保護者、職員の皆さんと行ってきました。

大牟田の東日本震災復興支援事務所(福島県浪江町復興支援福岡拠点)が東北支援をされていて、今回「浪江焼きそば」を出店し、販売されるということで、当法人もお手伝いをしようと参加しました。

「いらっしゃい!美味しいですよ」「いかがですか?」とお客様への声かけを頑張りました。皆さんは立ち止まって、優しく声をかけてくださいましたし、買ってくださったお客様から「美味しかったよ」と笑顔で言っていただき、私も思わずにっこりとなりました。

お手伝いの合間に、大蛇山の山車も見て回りました。町のところどころに大蛇山の山車があり、その周りで法被姿の若者が威勢の良い声を出していました。大蛇の口からは花火の煙が出て、とても勇ましい姿。大蛇の大きな歯で幼い子どもを噛んでもらうと、その子の1年の無病息災が約束されると伝えられていますので、大蛇の口元に幼い子供を抱えて噛ませ、泣かせて成長を祈願するそうです。来年も行ってみようかな。 (出会いの場ポレポレ 川原 余志子)

 

 

scan-12-5

「大蛇山まつり」の始まりは江戸時代の前期から中期にかけて始まったとされます。
山車に人が乗り、太鼓や鐘を打ち鳴らしながら、町中を練り歩きます。

(おおむた「大蛇山まつり」HPより)

 

 scan-12-1

支援コーディネーターの弥永様と談笑するスタッフ川内

1月20日 ポレポレ倶楽部の新年会を開催しました みんなが一つになれる安武校区って本当に凄い!

DSC04654DSC04687

昔女学生が「高校3年生」を踊りました。 最後は全員で楽しく踊りました。

 

 

1月20日(火)、ポレポレ倶楽部の新年会を催しました。

当日、出会いの場ポレポレには安武校区の方々や保護者の皆さんが多数おいでになり、スタッフも加わって大賑わい。

参加された方々全員が交流を深めることができるよう、お互いを「知っている、知らない」は関係なく、グルーピングをしてレクリエーションを企画しました。

まず、「着せ合いっこゲーム」。

目隠しをした状態で相手に洋服を着せ、着せられる人は口を出してはいけないというゲームです。

思った以上にその様子が面白く、とても白熱して、楽しいひとときでした。

参加された方々より「楽しかった」というお声をいただきました。

 

DSC04604DSC04620 「着せ合いっこゲーム」

 

また、皆さんと一緒に会場で食事もしました。

お鍋やお酒、美味しい料理をみんなで囲み、笑顔、笑顔。

最後は締めとして、全員で大きな輪になり、歌に合わせて「炭坑節」と「青い山脈」を踊りました。

初めて新年会に参加させていただきましたが、こんなにもみんなが一つになれる安武校区って本当に凄いなと改めて感じました。

今後もみんなで安武校区が盛り上がっていくようなイベントを仕掛けていきたいと思います。  (ポレポレスタッフ 碇 翔南子)

 

DSC04576DSC04570

 

■ポレポレ倶楽部   詳しくはこちらへ →

2001年に障がい者やその保護者、教員、 福祉に関心を持つ人たちが立ち上げました。

障がいを持つ人も持たない人も共に地域で暮らせる街づくりを目指して活動を続けています。

会員は3専門部(バザー、研修、ネットワーク)に分かれて、月1度以上の研修やイベント、バザーなどを行っています。

 

第13回ポレポレ祭りを開催しました  ご支援・ご協力をいただき有難うございました

IMG_0063          

 

「第13回ポレポレ祭り(~だっでん(誰でも)まざりあおう パート2~)」を開催しました。

来年もよろしくお願いします!

 

10月26日(日)に第13回ポレポレ祭りを実施しました。今年も、多くの方々のご支援・ご協力をいただき盛大に行うことができました。心より感謝申し上げます。

 

今回、この祭りを「出会いの場」「つながりを深める場」「一致団結する場」「様々な障がいをもつ人のことを知る場」「被災した東北の事を知る場」として位置づけ、これまで積み上げてきた歴史の重さや責任を感じながら、さらに混ざり合いを一歩進めることができたように思います。

また、東日本大震災が発生して4年目。2011年震災以来、毎年、被災地東北の方々にもポレポレ祭りに参加していただき、東北のB級グルメ「浪江焼そば」の出店を始め、「福島のご当地ヒーロー相双神旗ディネードと拓くメンバーでのヒーローショー」を行う事ができました。

 

第13回ポレポレ祭りのテーマは『だっでん(誰でも)まざりあおう パート2』です。今年は耳が不自由な方や医療的ケアの必要な方にも祭りに来て楽しんでもらいたいと思い、3月より実行委員会を開催し、何度も会議を重ねながら祭り当日まで企画を進めてきました。今までの実行委員会では、同時に複数の人が発言していたこともあり、耳が不自由な人は参加しづらい会議でした。そこで、会議の仕方を考え直し、改善するところから始めました。お互いの顔が見えて、誰が発言しているか目で見て分かるように机を配置したり、手話通訳者が通訳しやすいように、発言する人はゆっくり1人ずつ話したりするといったルールを作りました。

 

また、9月には聴覚障がいを理解するために地域の方や保護者、スタッフに声をかけ、「出会いの場ポレポレ」で勉強会も行いました。他にも、医療的ケアが必要な方も来ることができるように、気管切開をされているお子さんの保護者に「吸引器や呼吸器のバッテリーのコンセントは幾つ必要か」「休憩所に必要な物は何か」などのご意見をいただき、会場内に休憩所を作りました。さらに、イベントステージに手話通訳者を配置、休憩所に看護師を配置する等の配慮も行いました。

 

2002年から続けてきた「ポレポレ祭り」。関わっていただいた多くの方々によって創りあげてきたからこそ、本日を迎えられたと実感しています。今後、祭りでの取り組みが安武地域を起点に広がっていき、誰でも混ざり合えるような社会になっていくよう願っています。

どうぞ、来年の「ポレポレ祭り」もご協力をよろしくお願い申し上げます。

                                                                ポレポレ祭り 実行委員長  小川 真太朗

 

 

◇第13回ポレポレ祭り フォトスケッチ

 

P1100215

実行委員長と理事長の挨拶  手話でお話しました

 

IMG_0092

福島のご当地ヒーロー相双神旗ディネード&拓くメンバーとのヒーローショー

 

IMG_0036

東北のB級グルメ「浪江焼そば」 大繁盛でした!

 

IMG_0073

東北物産展&防災コーナー

 

IMG_0143

抽選会 1等当選者の末安さん家族

 

 

IMG_0056IMG_0059

ステージ前は大賑わい           やすたけ保育園 元気にソーラン節を披露

 

P1100234IMG_0043

久留米聾学校 ボディーパーカッション部  安武和太鼓の会~海津城太鼓~

 

IMG_0084P1100259

ALOHAめぐみスタジオ       YSKスクランブル ポレポレ利用者の皆さんと地域の皆さんで青い山脈を披露

 

IMG_0104IMG_0161

九州場所直前 錦戸部屋の両力士が来福  売上報告会 最後に全員でかんぱーい!!

 

6月「父の日」親子パン教室を開きました                         お父さんの「顔パン」作り! いつもありがとう!

P1090612P1090608

 

 

6月14日(土)、出会いの場ポレポレ食堂にて親子パン教室を開催しました。

今回は、15組(26名)の参加があり、3種類のパンを作りました。

最初は、お昼に食べる「ソーセージパン作り」。

スタッフと利用者の皆さんが実際に作りながら説明をしました。子どもたちは普段触ったことがないパン生地に興味深々です。手に粉をつけて、生地が手にくっつかないように捏ねたり伸ばしたりして作りました。

次に「メロンパン」です。メロンパンのクッキー生地は扱いすぎると手にくっつきます。難しい所はスタッフや利用者の皆さんが手伝いながら作りました。

「焼きあがりが楽しみですね!」

 

最後は、お父さんにプレゼントする「顔パン」です。大きな土台になる生地を丁度よい大きさに伸ばします。

チョコペンやゴマなどを使って、お父さんの顔そっくりに作っていきます。

「似ているかなぁ~?」。

そして、「パン工房ポレポレ」にパン生地を渡し、焼きあがるのを待ちます。その間に、参加者の皆さんはお父さんに渡すメッセージカードを書きました。

ついに作ったパンが焼きあがり、「美味しい~!良いにおい~!」と喜んでおられました。

最後にパンをきれいにラッピングしてお家に持って帰りました。

楽しい時間はあっという間でしたね!次回もまたお会いしましょ~!

 

P1090611