社会福祉法人 拓く

イベント・研修 (研修)

1月 NPO法人あさがお(南相馬市)多機能事業所の開所式に出席しました  昨年11月 東北の石巻市、福島市を視察しました

DSC_0688IMG_3693

NPO法人あさがお 多機能事業所「ともに」

NPO法人あさがおさんのホームページをぜひご覧ください   http://www8.plala.or.jp/asagao/

 

1月、福島県南相馬市にあるNPO法人あさがおの西みよ子理事長からお電話があり、1月15日に多機能事業所「ともに」の開所式を行うとのお話でした。

2011年3月11日の東日本大震災からもうすぐ4年。NPO法人あさがおさんがここに至るまでには計り知れないご苦労があったことでしょう。そんな中でも、たくましく次の事業に踏み出していく西さんたち。今回、精神障害者の生活介護・自立訓練施設を備えた居宅介護の多機能事業所「ともに」を新築されたのです。

建築単価の高騰で当初の予算の倍以上の資金繰りが必要だったこと。精神障害者の事業所ということで、隣の家の人たちから反対にあい、何度も説明会を開かれていることをお聞きし、ぜひとも開所式には応援に駆けつけたいと思い、急いで飛行機の手配をしました。

また、こんな時に一番の力になれるのは利用者の皆さんだと思い、急ではありましたが、ビデオレターでメッセージを作ることにしました。まず、「BELIVE」という曲をみんなで歌い、それから「おめでとう!」と力強くみんなでお祝いの言葉を贈りました。

1月15日の開所式で、そのビデオレターを流していただくと、会場の皆さんも寄り添うように歌っておられ、西さんを始め、多くの方々が目を潤ませ感激されていました。

当法人で開催しているポレポレ祭りには、大変な状況の中、4年連続で駆け付けてくださった「あさがお」の皆さん。心ばかりですが、エールを贈ることができたかなと思っています。

(常務理事 馬場篤子)

 

DSC_0704DSC_0717

西みよ子理事長                                 馬場篤子常務理事

 

昨年の11月に東北を訪問しました。東日本大震災から3年8ヵ月を経過していたこともあり、私が震災当時の様子をうかがえたのは、建物があっただろう処に何もなく、ただ広い荒れた更地になっていたということ。その広い土地をダンプトラックが行き交い、仮設住宅が所々に点在していました。

宮城県石巻市から福島県まで当時の様子をお聴きしながら移動した後、仮設住宅で暮らす方々にお会いし、お話を聞かせていただきました。地域によって復興状況も異なり、課題もさまざま。東京オリンピック開催が決まり、喜ぶ人が多い中、復興を待つ地域では、働き手を東京に奪われ、ますます工事が進まないということもお聞きしました。5年後の2020年、東京オリンピック開催時、東北の復興は、どこまで進んでいるのでしょうか?被災者の皆様も、テレビの前で東京オリンピックを楽しまれることを願います。

今年は、阪神淡路大震災から20年。多くのテレビ番組で今の様子と当時の様子が放映されていました。町並みは復興したけれど、人々の心は復興したとは言えず、未だに多くの方々が苦しまれています。東北においても、年月が流れて町並みは少しずつ復興しても、原発により未だ避難生活をされている方々もいる中、今、私たちができることは、思いを寄せながらつながり続けていくことだと思います。

 

また、今年の1月15日、NPO法人あさがおさんの多機能事業所「ともに」の開所式に、馬場常務と一緒に日帰りで行ってきました。あさがおさんは、当法人が秋に開催している「ポレポレ祭り」に毎年来てくださり、焼きそばや手作りのお味噌などを販売していただいています。

震災当時は、福島第一原子力発電所の放射能漏れから逃げるため、転々と活動場所を移されました。今回、「ともに」という新しい場所でまた頑張ろうと笑顔いっぱいの皆さんを見ることができ、私もパワーをいただきました。

式典では、当法人の利用者の皆さんのビデオレターを披露し、「BELIVE」を一緒に歌ってきました。「ともに」の名前のように、私達も遠く離れた久留米から思いを寄せて「ともに」がんばり、応援していきたいと思います。              (本部長 北岡さとみ)

 

DSC_0741IMG_3698 

ビデオレター

 

※多機能事業所「ともに」

精神障害者の生活介護・自立訓練施設を備えている。

同市をはじめ、原発事故で避難を強いられている双葉郡の障害者らを受け入れる。

施設は2階建てで定員20人。

風呂や台所の他、運動や集会に使える多機能スペースを備える。

看護師、精神保健福祉士らが常駐し、利用者のケアに当たる。

緊急用の水、食料を備蓄し、万が一災害が発生した場合には障害者の受け入れ拠点としての役割も担う。

(資料「福島民報」より)

 

2月 滋賀県で開催された「アメニティーフォーラム19」に参加しました

  P1010864

 

2月6日(金)から8日(日)までの3日間、滋賀県の大津プリンスホテルにて「アメニティーフォーラム19」が開催され、当法人スタッフの4名が参加しました。

 3名によるレポートをここで紹介します。

 

 

北岡賢剛氏(社会福祉法人グロー理事長)が長年企画・演出してきた「アメニィティーフォーラム」は第19回目を迎えました。北岡賢剛氏に誘われ、当法人のスタッフは第6回目から参加しています。19年間、大津プリンスホテルを埋め尽くす1,000人以上の参加者。早朝から夜中まで3日間、多くのセッションや講演があり、そのどれもが満足度の高い内容で構成され、リピーターも多いフォーラムです。

また、このフォーラムは同時に、厚生労働省の幹部職員や国会議員も登壇される政治の場でもあります。当初は障害者福祉だけでなく「日本の社会」をどうしていくのかと、例えば、若い学生も連れて大勢で参加したくなるような新しい息吹を与えるフォーラムでした。今年の参加者は確かに若者が多かったのですが、日本の障害福祉や介護福祉が閉塞状態になっているためか、どことなくワクワクとする躍動感は少なかったように思います。

個人的には、北山修氏(精神科医・臨床心理士)による特別講演「生々しい何かと脅迫 ~なぜ、作品に巻き込まれるのか~」が印象的でした。江戸時代の浮世絵をもとにしたお話で、私たち世代と時代が異なり育った若者たちは、決して私たちと同じ感覚や認識にはなりえないということ。つまり、「『あの素晴らしい愛をもう一度』なんてことはない」。これから法人の世代交代を図る上で、しっかり肝に銘じておかねばならないと思いました。

このフォーラムも来年は20周年。北岡氏も50歳後半です。少子高齢化社会。これから時代は大きく動きそうです。その時代を切り拓くためにどのような企画をされるのか楽しみです。  

(常務理事 馬場篤子)

 

 

今回のフォーラムでは、一昨年に成立した障がい者差別解消法や、社会福祉法人改革、虐待とそれを防ぐための職員の技術の向上等、昨今の障がい者福祉の現場を取り巻く様々な変化をテーマに、優に30を超える数のセッションが設定され、多くの充実した議論が展開されました。

今回、同フォーラムに参加させていただき、多くの新しい視点を得ることができたことに感謝しています。

中でも、障がい者差別解消法を巡り、これから求められるであろう「障がい者への合理的配慮」と今、まさに求められている「個性的なものを伸ばす社会」の間に存在する大きな可能性を論じた基調講演。

また、日本の福祉水準を諸外国と比較したセッションにおいて、今の日本の状況はかつてスウェーデンが人口減の危機感から支え合いの哲学に変化した頃に似通っているとの指摘。

そして、浮世絵にみる母子関係に精神分析の視点を当て、そこから浮かび上がる日本人のつながりの原型と今日の日本人の和の崩壊を大胆に論じた北山修先生の講演はあまりに衝撃的で、未だその内容を消化しきれず、今も私の頭の中をくるくると回っている状態です。

さらに、行動障害の一連の講座などで得た学問的な視点は、これからの日々の活動の中で常に意識し活かしていきたいと考えています。  (出会いの場ポレポレ 内田)

 

 

今回、「アメニティーフォーラム19」に参加し、時代の流れは日々変わっていっていることをとても強く感じました。私たちの現場での課題を解決することも大事ですが、これからは、地域や異業種の方々の課題を一緒に考えていくことが必要になっていくと思います。

そして、小さなつながりもつながっていけば大きなつながりに変わることがあるかもしれませんので、これからも多くの人と関わって力になっていけたらと思います。

まずは、私たちのことを皆さんに知ってもらうところから始めていこうと思います。

(夢工房 野瀬 渉)

 

 IMG_2217

■アメニティーフォーラム

毎年2月上旬に滋賀県大津市で開催される障がい者福祉の大規模なフォーラムです。

今回は第19回目で、障がい者福祉に興味・関心のある方々が全国から集まる日本最大級の催し。

著名人や国会議員、関係省庁、自治体、支援団体などの主要な方々が登壇し、講演やパネルディスカッションを行う他、コンサートやパフォーマンス、バリアフリー映画の上映など多彩な催しが行われます。

 

1月10日(土)・11日(日) 「コンサート&講演会」を開催しました 重度障がい者や障がい当事者の地域生活の支援について考える機会となりました。

DSC09183DSC09208

 

2015年1月10日(土)・11日(日)の両日、難病のため気管切開で声を一度は失いながらも現在は歌手である青野浩美さん(京都府)と、とりわけ重い障がいのある方の地域生活を切り拓いた西宮社会福祉協議会事務局長の清水明彦さん(兵庫県・青葉園前園長)のお二人をお招きし、「コンサート&講演会」を開催しました。

この行事の開催にあたっては、実行委員会の「重度障がい者の地域生活を考える会」を立ち上げ、当法人を始め久留米市内の重度障がい者の支援に関わる事業所や団体が一体となり、広報活動や当日の運営などに取り組みました。

1日目の会場は出会いの場ポレポレで開催し、参加者は90名。2日目は聖マリア学院大学で開催し、111名のご参加をいただきました。

 

チラシ(表) 開催チラシ

 

今回の「コンサート&講演」は、難病を患い気管切開を余儀なくされながらも声楽家の道を切り拓いた青野さんの体験談を交えてのコンサートから始まりました。

会場に歌声が広がった時は、カニューレ(※)を装着されているとは思えないほどの美しい声に驚くと共に、気管切開をした人はよどみなく歌う事が出来ないのではというこちらの意識を変えました。

青野さんは、医師から「気管切開した人が歌えるようになった前例がないので無理だ」と言われながらも諦めずに、適合するスピーチカニューレ(声を出すことができるカニューレ)に何度も挑戦。ついには歌えるようになった実体験から、「前例がないからといって諦めるのではなく、前例がなければ作ればいい」という力強いメッセージをいただきました。

最後の曲は「BELIVE」。曲中の「悲しみや 苦しみが いつの日か 喜びに変わるだろう…」という歌詞に深い思いを込めて歌われ、多くのエネルギーと元気をいただきました。

 

次に、清水さんが登壇され、重度障がい者の地域生活を切り拓いてきた数十年に亘る実践をもとにお話をしていただきました。中でも、「当事者の“地域で役割を持って生きる私”という主体性が、制度やサービスの枠にはめられることで保護的に始末されていないか。当事者を主体から外さず中心に置き、傍にいる人が心を一つにし共に鳴らしながら物語を一緒に創っていくことが大切」という言葉は心に残り、とても考えさせられる内容でした。

最後に「介護を受けながら生きていくという点では、障がい者も要介護の高齢者も一緒であり、高齢化社会が進む中で、障がい者がどう生きているかは高齢化社会においてモデルになるのではないか。結局は、障がい者の生き方を考えることは、自分たちの生き方を考えることにつながる」と締め括られました。

そして、福祉職員へ向けて「何をもってやりがいとするのか。命をむき出しにして生きる障がい当事者に対して、日々、心が鳴らし合うことをやっているか」とのメッセージをいただき、何のために働くのかという原点を見つめ直す機会となりました。

今回の開催は、参加されたお一人おひとりが重度障がい者や障がい当事者の地域生活の支援について考える契機となり、少しでも重度障がい者の当たり前の地域生活がこの久留米で進んでいくような機運の醸成につながったと確信しています。このような機会をこれからも創っていきたいと思います。

                 (「重度障害者の地域生活を考える実行委員会」 中野みどり)

 

page-0001

※カニューレ 気管切開された方が用いる空気の通路となるパイプ状の医療器具

 

11月 人命救助研修を行いました

   DSC04191  

 

11月8日と11月15日の2日間、久留米消防署より救急救命の講師(3名)に来ていただいて、出会いの場ポレポレにて人命救助についてのお話と実際に心肺蘇生法の手順とAED(自動体外式除細動器)の使い方を学びました。私は以前学んだことがありましたが、いざやってみるとなかなか出来ず苦戦しました。しかし、消防署の方に一つ一つ丁寧に教えていただき、また何度も繰り返し行うことで少しずつ出来るようになっていきました。

 

DSC04185DSC04182

 

その後は、ひたすら2分間の心臓マッサージを行う体験をさせていただきました。2分間という時間は短いようですが、いざやってみると、とても長く感じるもので、終わった頃には手のひらが真っ赤になるほどでした。短いようで長いこの2分間は生死を分ける大切な時間なのだと考えさせられました。

人命救助は一分一秒を争い、その時間が、その後を大きく変えてしまいます。私自身もいつその場面に遭遇するか分かりません。今回学んだことを研修の中だけで終わらせるのではなく、もう一度振り返り、家族や友達など周りの人に発信していきたいと思います。 

(出会いの場ポレポレスタッフ 碇)

 

DSC04188DSC04183

 

7月 第26回全国グループホーム等研修会に参加しました  北摂杉の子会の施設も見学しました

  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

7月24日・25日、神戸ポートピアホテルにて、第26回全国グループホーム等研修会~近畿地区大会~が行われ、当法人より4名が参加しました。

大会のテーマは、「地域の中で安心できる住まい、暮らしを創造していく」。

 

初日の基調講演では、神戸百年記念病院看護師の野村真波さんが、「障害を乗り越えて…」という演題で講演をされました。交通事故で右腕をなくされた当時の事から治療、リハビリの苦しみ、障害を乗り越えてのパラリンピック水泳日本代表としての挑戦などを、明るく、時には声を震わせながら語っておられました。お話をお聞きして、障害の受容の過程での苦悩や、周りの支え、仲間の大切さを教えていただきました。

 

次に、「終の住まいとしてのグループホームをどう考えるか」というテーマで、各団体の代表者と厚生労働省の方を交えて座談会が行われました。グループホーム・ケアホームが一元化される中で、障害者の地域生活がどのように進んでいくのか、本当に誰もが地域で生活していける「共生社会」の実現をどう目指していくのか、どのような現状なのかなど、熱心に討議されました。

 

2日目は、当法人の参加者4名がそれぞれ、「GHの高齢化対策と今後の対応を共に考える」や「GHにおけるホームヘルプサービス等の利用」「GHの事業展開について」「生活支援員、世話人さんの思いをぶつけよう」というテーマの分科会に参加し、今後のGHとして余暇支援の充実や高齢化に向けての準備、ご本人の意見を反映した運営など考えるよい機会になりました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

研修会終了後は、大阪府高槻市に本部を置く、社会福祉法人「北摂杉の子会」の施設を見学させていただきました。

松上理事長自ら法人の説明をしていただき、「レジデンスなさはら(グループホーム)」や「ぷれいすBe(生活介護・就労継続支援B型・短期入所・日中一時支援)」「ジョブジョイントおおさか」「たかつきブランチ(就労移行支援事業、自立訓練事業)」の施設見学に同行・説明をしていただきました。

各施設では、それぞれ自閉症や発達障害に特化した取り組みがなされており、今までの構造化に関する認識やどのような配慮が必要か考える機会をいただきました。(前田 力哉)

 

nasahara1nasahara2