社会福祉法人 拓く

お知らせ (トピックス)

熊本地震支援のご報告④ 4月30日、「安武そら豆祭り」で集めた支援物資を熊本県阿蘇郡西原村にお届けしました。他のボランティアさんと協力し、支援物資倉庫内の仕分け作業をお手伝いしました。今後も、人的な支援(マンパワー)が継続的に必要になってきます。

 

93

 

震度7を記録した熊本地震から2週間、今なお余震の速報が毎日のように入ってきます。

4月30日(土)、職員2名で、先日の「安武そら豆祭り」で集めた支援物資(リクエストのあったタオルや下着、野菜など)を熊本県阿蘇郡西原村(益城町の隣村)に届けに行きました。

渋滞に巻き込まれないように、早朝から久留米を出発し、下道で2時間半程(帰りは高速道路を使って1時間半ほど)。

西原村に近づくにつれ景色は一転。地震で瓦がほとんど落ち、雨漏りを防ぐためのブルーシートをかけた家がほとんどで、倒壊している家も多く見られました。倒壊していなくても、玄関に赤色「危険」や黄色「要注意」の危険度判定が多くの家に貼られている状況でした。

 

87

 

西原村社会福祉協議会の敷地内にある体育館、隣接する中学校の体育館は避難所になっていました。今なお、多くの方々が仕切りもない中で寝食をされていました。車中泊の方も多いと聞きました。心配していた水や食料(もちろん野菜などの生ものは一切ありません)、おむつやシャンプーなど日用品などの支援物資は全国から届いており、避難所には物資が沢山ありました。既に受入れスペースがないということで支援物資の受付は制限されていました。

 

65

 

当法人の支援物資は、西原村社会福祉協議会と同じ敷地内にある、障害者自立支援センター「にしはらたんぽぽハウス」さんに届けました。

たんぽぽハウスさんは、農業や食品加工販売を行う、利用者20名程の就労継続B型事業所です。地震で事業所は滅茶苦茶、利用者さんやスタッフも家を失い、運営もストップせざるを得ない中で、被災直後から配給されているパンやおにぎりではなく、「おいしいものを食べてもらいたい」と生野菜を使った炊き出しを1日3食(最大300食程)欠かさず行っておられます。

多くのスタッフの方は家を失い、事業所やテントで生活しながらも、炊き出し、水汲み、支援物資の仕分けなど休みなく働かれていました。

 

1

食事 お皿にはラップをかけて、水洗いをしなくてよいように工夫されていました。

 

たんぽぽハウスさんには、個人や団体からの支援物資、避難所に入りきれない分の支援物資も含めて、ひっきりなしに運び込まれてきます。隣の空き家を緊急で借り、支援物資を置く倉庫にされていました。そこは、本当に足の踏み場もないほど段ボールや物資がたくさんありました。ただ、何がどこにどれ位あるのか分からないのでは、ニーズがあっても届けることはできません。そこで、他のボランティアさんと協力して倉庫内の仕分け作業をお手伝いしました。丸一日かけ、ようやく物資をまとめ、動線を確保することができました。

 

212

支援物資の山               たんぽぽハウスさんと一緒に

 

これからも支援物資は集まってくるでしょう。炊き出しは続くでしょう。そして、被災した家の片付けなどが始まるでしょう。これからは、支援物資もそうですが、日常生活を取り戻していただくために人的な支援(マンパワー)が継続的に必要になってくるはずです。

今回の地震で、災害は他人事ではないと思い知らされました。

隣人として、物的・人的な支援を継続して取り組んでいきたいと思っています。

(副本部長 浦川 直人)

 

熊本地震支援のご報告③ 4月21日、熊本県阿蘇郡西原村に、支援物資として布団・シーツ・下着等をお届けしました。

たんぽぽ  たんぽぽハウスさんに届けた布団やシーツ等

 

熊本県阿蘇郡西原村では、4月20日の夜からの豪雨で山崩れが起きるのでは、とのことで警戒地域が増えていました。現在、中学校等が避難所になっているのですが、そこに避難しなければならない方々が増えているという状況でした。また、村にあるコンビニが復活していました。

NPО法人にしはらたんぽぽハウスには、兵庫県などからボランティアの方々が駆けつけ、倒れてしまった重い器具等を片付けたり整理したりしておられました。

皆さんは、施設の片付けを終えたら、村の方々のための避難場所に開放しようと考えておられます。そこで、「布団等が欲しい」と話されていましたので、早速、布団やシーツ、下着等を持参しました。

現在、発達障害のある方や自閉症の方は車中泊されている方が多いので、本人を含め家族の方々の疲労はかなりたまってきています。

今後も、私たちにできる支援を続けていきたいと思います。

 

 IMG_20160421_174515 

一部損壊した村民体育館。各地から駆け付けたボランティアの皆さん。

熊本地震支援のご報告② 4月18日、熊本県阿蘇郡西原村に支援物資を持って行きました。震災から4日目、被災者の方々は不安と疲れがたまっています。東北大震災の教訓から、「必要なものを必要なタイミングで」を心がけています。

P1070556

NPO法人にしはらたんぽぽハウスの皆さんと馬場常務理事

 

4月18日(月)、NPO法人にしはらたんぽぽハウスさんを通して、熊本県阿蘇郡西原村の皆さんに支援物資をお届けしました。今回お持ちした物資は、粉ミルク、紙おむつ、紙パンツ、トイレットペーパー、男性用・女性用の下着及び靴下、調味料(砂糖・醤油・だしの素)、大型ビニール袋、とろみ粉等です。

「避難所では、毎日のようにおにぎりを食べています。たまには違ったものを食べたいので、お好み焼きを焼こうと考えています」と話されていましたので、お好み焼きを焼けるようにお好み焼きの材料(粉・肉・キャベツ等)も大量に持参しました。

今後も、私たちにできる支援を続けていきたいと思います。

 

P1070571 

たんぽぽハウスの厨房内は、地震によって食器などが散乱しました。

 

2016年4月の「熊本地震」により、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。支援のご報告① 4月17日、熊本県阿蘇郡西原村の避難所に、支援物資をお届けしました。

2016年4月14日に発生した「熊本地震」により、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

また、被災地等におきまして、救援や復興支援などの活動に尽力されている方々に深く敬意を表しますとともに、皆さまの安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

支援物資配送

西原村地域福祉センターにて、NPO法人にしはらたんぽぽハウスさん。

 

今回の地震の一報がもたらされ、当法人は、これまで交流を重ねてきた熊本県阿蘇郡西原村の「NPO法人にしはらたんぽぽハウス」の上村加奈子さんに電話を入れました。

幸いにお話をすることができ、被災状況は言葉にできないほど酷い状態とのことでした。

そこで、4月17日、必要な物資をお尋ねして、赤ちゃん用のおむつやミルク、大人用のオムツ、トロミ、サランラップ、下着等を購入し、熊本県阿蘇郡西原村へ向かいました。

たんぽぽハウスさんを通して、西原村の皆さんに支援物資をお届けしました。

今後も、当法人は支援を続けていきたいと思います。

 

 

 

2月17日 久留米市長、教育長を表敬訪問し、発刊した本『あたりまえに地域で暮らしたい』を贈呈しました。

IMG_0201IMG_0199

 

2月17日(水)、当法人は、これまでの歩みなどをまとめ発刊した本『あたりまえに地域で暮らしたい』を楢原利則市長、堤正則教育長に贈呈しました。

贈呈式では、障がい児が久留米養護学校(当時)から地域の学校へ転校し、保護者が教員と共に統合教育(共生教育)に取り組んできた歴史、無認可作業所の開設、社会福祉法人拓く・出会いの場ポレポレの開所、その後、地域の皆さんとつながり活動を進めていることを本にまとめ、今後も「あたりまえに地域で暮らしたい」という思いを発信していきたいというお話をいたしました。

楢原市長、堤教育長より、「今後も久留米市のまちづくり、教育福祉の発展のために、アドバイスをください」とのお言葉をいただきました。

久留米市、そして教育委員会の皆さま、誠に有難うございました。

 

IMG_0203IMG_3310