社会福祉法人 拓く

お知らせ (トピックス)

2016年1月1日、『あたりまえに地域で暮らしたい』を刊行しました。私たちの歩みと活動をまとめた本です。頒布ご希望の方には、予約販売をいたします。

プリント

 

この本は、1980年代より、重度の知的障がい児の保護者と教員が仲間となり、

「障がいが重くても、慣れ親しんだ地域であたりまえに暮らしたい」の願いのもと、

地域に飛び出して、多くの仲間、支援者で地域をつくっていった物語です。

 

登場するのは、わが子をどう育ててよいか模索しつつ、「人」とつながろうとする保護者。

葛藤を抱えた保護者を時には叱咤激励しながら、長年、共に歩んできた教員。

そして、「私が何か役に立てたら」と手をさし出す地域の皆さん。

そのような人々の語る一言一句は、誰もが人生の途上で立ち止まらざるをえない時、

勇気を出して誰かとつながり、一歩を踏み出すことの大切さを教えています。

 

保護者と教員で、社会福祉法人を立ち上げて15年。

超少子高齢社会を迎え、次なる願いは「障がい者も高齢者も若者も、誰もがあたりまえに暮らせる地域づくり」。地域づくりに取り組む方々にも読んでいただきたい一冊です。

 

P2 IMG_3310

■概要

題名   『あたりまえに地域で暮らしたい』   発行日   2016年1月1日

体裁   B5判変形・52頁          発行部数  300部               発行   社会福祉法人拓く           協力    ポレポレ倶楽部

※頒布ご希望の場合 定価1,000円(税込)で販売いたします。

詳細はお問い合わせください。

 

■お問合せ・頒布申込先

社会福祉法人 拓く 〒830‐0032 福岡県久留米市安武町武島468-2 TEL 0942‐27‐2039

 

 

 

 

■内容詳細

 

第1章    「拓く」は、特別支援学校の保護者と教員有志の願いから生まれた。

1 保護者と教員。特別支援学校で出会い、仲間になった。

2 特別支援学校から地域の学校へ帰ろう。共生教育を進めた。

3 久留米市立江南中学校3年5組 西村純子さんとみんなの「35人36脚」

第2章    法人化へ。共に生きる場を拓く会

1 保護者も教員も学びつづける

2 多くの支援者を集めた

3 安武町の皆さんと知り合った

第3章    新しい出会いを求めた

1 精神医療関係者の門を叩いた

2 タイムケア 友人知人、住民と手をつないだ。

第4章     グループホームで暮らそう 地域の人ともっとつながりたい

1 グループホームがいいと保護者が決めた。まずは無認可から。

2 支援者と協働で開いたグループホーム「三原さん家」

3 わが子を学校に、地域に託した。今度は、私たちが地域の役に立てたら。

第5章    新たな力が輝きはじめる

力を合わせて、次の時代を切り拓く    他

 

P47P46P19P18

 

12月 ポレポレ倶楽部チャリティゴルフを開催しました。ご参加いただきました皆さん、有難うございました。

DSC_7172

 

12月8日(火)、ブリヂストンカンツリー倶楽部(佐賀県鳥栖市)にて第28回ポレポレ倶楽部チャリティゴルフが開催されました。

晴れ渡る青空の下、そして寒風の中ではありましたが、約80名のご参加をいただき、ゴルフを満喫されていました。ご協力をいただき、誠に有難うございます。

このチャリティゴルフは、「出会いの場ポレポレ」建設の資金集めの一環として、1999年よりスタート。保護者のお父さん方が声を掛けあいながら、現在も年に2回ほど開催されています。

 

DSC_7211DSC_7235

 

表彰式は、ブリヂストンカンツリー倶楽部のホールにて行われました。成績発表にて賞品が渡されると会場の皆さんより拍手が送られました。

また、コース内では、恒例の募金箱協力。保護者のお母さん方が募金箱を持たれ、「私たちは、チャリティゴルフを始めた頃からの皆勤賞です」とにっこり。寒い中、長時間、参加者の皆さんにご協力をお願いされました。

皆さん、大変お疲れさまでした。

 

DSC_7229

 

 

 

11月29日、設立15周年記念祝賀会を開催しました。出会いとつながりに感謝。そして、新たな力が輝きはじめる!

 IMG_3166

 

11月29日(日)、ホテルニュープラザにて「設立15周年記念祝賀会」を開催しました。

当日は、支援者や利用者、保護者の皆さん約270名にご出席いただきました。

誠にありがとうございます。

 

当法人は、今年、設立15周年を迎えました。

2000年(平成12)10月、社会福祉法人「拓く」を設立。翌年の9月、通所の場である「出会いの場ポレポレ」が開所し、保護者、教員たちの「夢」が形になりました。そして、暮らしの場「グループホーム」を次々に作りながら、これまで多くの方々と出会い、つながりも生まれました。

 

IMG_3230IMG_3243

 

祝賀会では、利用者の皆さんや職員が練習を重ねてきた「祝い太鼓」や「よさこいソーラン」「ポレポレ体操」「踊るポンポコリン」などを披露。会場の皆さんも一緒に歌ったり、踊ったり。出席者の方々から、「拓くさんらしい、心温まるパーティですね」とのお言葉をいただきました。

今では、「拓く」も大所帯。若い職員もたくさん増えました。

これからも、新たな出会いを大切にして多くの方々とつながり、まざり合いながら、「地域であたりまえの暮らし」の実現に向けて取り組んでまいります。

どうぞよろしくお願いします。

 

IMG_3145IMG_3212 

祝い太鼓                    夢気球バンドの武末龍泰さん(中央)

                       当時、共同作業所づくりの資金集めで「夢気球

                       コンサート」を開催。祝賀会に駆けつけていただきました。

                 

 

 

IMG_3186IMG_3237

氣志團ダンス           利用者の代表者より、お母さんへ感謝の思いを綴った

                 手紙が読み上げられました。野田理事長(左)

9月 久留米市手をつなぐ育成会の創立40周年記念事業、シンポジウムに登壇。「障がいがあっても地域で育ち、暮らす」のテーマで、30年前の「共生教育」運動からはじまった当法人の歴史や取り組みを発表しました。

IMG_1290IMG_1299

 

9月19日(土)、えーるピア久留米にて、特定非営利活動法人久留米市手をつなぐ育成会の創立40周年記念事業「これからの暮らしをデザインする」が開催されました。

久留米市手をつなぐ育成会は、昭和50年に設立され、今年度で創立40周年を迎えられました。

これまで障害をもつ方々が豊かに暮らしていくために、教育・福祉・就労などの整備・充実を求めて活動してこられ、その節目にあたり、先人の思いを大切にしながら、これからの地域での生活を皆様と一緒に考える機会にしたいと、講演会・シンポジウムを開催されました。

 

第1部は、又村あおいさん(全国手をつなぐ育成会連合会政策センター委員)による記念講演「これからの暮らしをデザインする」。皆さんで考えてみましょうと、福祉サービス、相談支援、余暇活動、お金、意思決定支援という視点で分かりやすくお話されました。

第2部のシンポジウム「地域で生き生きと暮らす」には、コメンテーターの又村あおいさん、コーディネーターの早川成さん(久留米天使こども園園長)、シンポジストの西村郁子さん(久留米市手をつなぐ育成会代表理事)、田中崇さん(㈱LikeLab代表)とともに、当法人の浦川直人(副本部長)が登壇。「障がいがあっても地域で育ち、暮らす」をテーマに、30年前の「共生教育」運動からはじまった法人の歴史や取り組みを発表しました。

 

又村あおいさんの講評によれば、「全国の中でも、久留米市の福祉レベルは高い」とのこと。登壇者と会場に集った皆さんは、障がい者の皆さんの暮らしを豊かにするために、さらに考え、行動しようと真剣な面持ちで最後まで聞き入っておられました。

久留米市手をつなぐ育成会の皆さん、有難うございました。

 

IMG_1289IMG_1284

8月、グループホーム「三原さん家」に糸島市の皆さんが視察に来られました。

DSC_3090

 

8月26日(水)、糸島市の社会福祉協議会二丈地区・志摩地区民生・児童委員の皆さん21名が、グループホーム「三原さん家」を視察されました。

グループホーム「三原さん家」の大家さんでもある三原圭子さんと当法人常務理事の馬場篤子は、当法人と「三原さん家」の取り組みについてお話ししました。

昔子ども会や地域食堂の取り組みをお聞きになり、「私にもできるかしら」と感想をお話しになる方もおられ、「障がい者も高齢者も、みんなが地域で幸せな人生を送る」という私たちの想いをお伝えすることができたように思います。

糸島市の皆さん、ありがとうございました。

 

DSC_3031

惣菜処ぽれぽれのお弁当を召し上がっていただき、意見交換をしました。

 

IMG_1259

「三原さん家」の視察の後は、当法人の見学もされました。

パン工房にもお立ち寄りいただきました。