社会福祉法人 拓く

お知らせ (トピックス)

9月 久留米市手をつなぐ育成会の創立40周年記念事業、シンポジウムに登壇。「障がいがあっても地域で育ち、暮らす」のテーマで、30年前の「共生教育」運動からはじまった当法人の歴史や取り組みを発表しました。

IMG_1290IMG_1299

 

9月19日(土)、えーるピア久留米にて、特定非営利活動法人久留米市手をつなぐ育成会の創立40周年記念事業「これからの暮らしをデザインする」が開催されました。

久留米市手をつなぐ育成会は、昭和50年に設立され、今年度で創立40周年を迎えられました。

これまで障害をもつ方々が豊かに暮らしていくために、教育・福祉・就労などの整備・充実を求めて活動してこられ、その節目にあたり、先人の思いを大切にしながら、これからの地域での生活を皆様と一緒に考える機会にしたいと、講演会・シンポジウムを開催されました。

 

第1部は、又村あおいさん(全国手をつなぐ育成会連合会政策センター委員)による記念講演「これからの暮らしをデザインする」。皆さんで考えてみましょうと、福祉サービス、相談支援、余暇活動、お金、意思決定支援という視点で分かりやすくお話されました。

第2部のシンポジウム「地域で生き生きと暮らす」には、コメンテーターの又村あおいさん、コーディネーターの早川成さん(久留米天使こども園園長)、シンポジストの西村郁子さん(久留米市手をつなぐ育成会代表理事)、田中崇さん(㈱LikeLab代表)とともに、当法人の浦川直人(副本部長)が登壇。「障がいがあっても地域で育ち、暮らす」をテーマに、30年前の「共生教育」運動からはじまった法人の歴史や取り組みを発表しました。

 

又村あおいさんの講評によれば、「全国の中でも、久留米市の福祉レベルは高い」とのこと。登壇者と会場に集った皆さんは、障がい者の皆さんの暮らしを豊かにするために、さらに考え、行動しようと真剣な面持ちで最後まで聞き入っておられました。

久留米市手をつなぐ育成会の皆さん、有難うございました。

 

IMG_1289IMG_1284

8月、グループホーム「三原さん家」に糸島市の皆さんが視察に来られました。

DSC_3090

 

8月26日(水)、糸島市の社会福祉協議会二丈地区・志摩地区民生・児童委員の皆さん21名が、グループホーム「三原さん家」を視察されました。

グループホーム「三原さん家」の大家さんでもある三原圭子さんと当法人常務理事の馬場篤子は、当法人と「三原さん家」の取り組みについてお話ししました。

昔子ども会や地域食堂の取り組みをお聞きになり、「私にもできるかしら」と感想をお話しになる方もおられ、「障がい者も高齢者も、みんなが地域で幸せな人生を送る」という私たちの想いをお伝えすることができたように思います。

糸島市の皆さん、ありがとうございました。

 

DSC_3031

惣菜処ぽれぽれのお弁当を召し上がっていただき、意見交換をしました。

 

IMG_1259

「三原さん家」の視察の後は、当法人の見学もされました。

パン工房にもお立ち寄りいただきました。

 

6月 韓国の皆さんが施設見学に来られました お礼状も届きました

6月、韓国のハンマウム学園の皆さんが職員研修として出会いの場ポレポレに来られました。

ハンマウム学園は、釜山金海市にある知的障害児(者)の施設です。

今回、前半17名、後半18名の皆さんと交流し、互いに研鑽を深めることができました。

早速、お礼状をいただきましたので、ご紹介します。

 

 SONY DSC

 

でお目にかかる日をお待ちしております

 

ハンマウム学園 園長 金 淑伊さん 

去る6月、2度にわたって、日本研修の際に大変お世話になりまして、誠に有り難く存じます。

施設見学時に長い時間にわたりご説明いただきまして、また、質問へのご親切なお答えは勿論のこと、詳しい施設見学までさせていただきまして誠にたくさんの勉強になりました。

地域社会とともに生きるために努力していらっしゃる出会いの場ポレポレの実践の姿、さらに国の制度の先を見据え、実践されていく馬場常務理事のリーダーシップに深い感銘を受けました。

我が職員たちに良い刺激とヒーリングになる時間でした。

 

SONY DSC

 

ここで簡単に、見学の感想を、職員たちの研修評価書から抜粋してお送りいたします。

 

施設見の感想と見習う点について

 

 允正さん

これから我がハンマウム学園が行くべき方向が、”ポレポレ”の姿ではないか?と思っています。

寮のような生活施設ではなく、デイサービスセンターの役割を果たしながら、大規模な施設ではない家庭のようなグループホームを細分化し、衣食住を解決して、一般人が職場生活をするように職業リハビリセンターで働きながら定期的に賃金を受け、堂々とした生活が営めるようにすること!我より一歩進んでいると感じます。

 

1.多数の人が一致した意見を出すためにお互い気を配りながら意見を調整して協力していく彼らの意思疏通。

2.制度に先立って進めていく彼らの挑戦精神

3.地域社会にお世話になるだけではなく、世話もする循環の理念

4.パート職員の活用によるスタッフ確保。軽度3~4名に1人、重度1~2名に1人のスタッフの配置と、パート職員たちの役割の細分化。

5.重度の利用者が安定的な様子で作業する姿。

6.最低賃金を重度の利用者も受けられること。

7.地域社会とのスムーズな連携による出勤(退勤)時タクシー活用。

 

 

 榮京さん

1.日本の優秀な色んな点に配慮し、人に迷惑をかけないようにする国民性、よく整っている法制度、施行になるとよく守られる法規則、障害者にたいする理解、先進化した市民意識と市民文化、経済力を基にした外交と国の威信、自国民を最優先する政府組織、世界から信頼されるようにしたブランド化の底力!!

すべてのものが見習うべきもの。うらやましがるだけではなく、一つでも学び自分のものにすべきだと思いました。

2.二組に分かれて行われた職員研修だが、すべての職員がこのような研修機会をもって、眼目を高め、時代に先立っていく社会福祉機関の一員としての役割について、もう一度考えてみられる、また、お互いの交流をもっと深くすることができた、いい機会だったと思います。

3.この研修を通し、たとえ些細なことでも質問して聞いてみること、また、体験してみることがとても重要なことであることがわかりました。

研修始めの些細な部分はもちろん、障害者サービスと時代的変化及び流れ、今後準備すべきものである障害者福祉施設の職員としての役割などなど、たくさんのことを職員たちが学んだと思います。

 

SONY DSC

 

「出会いの場ポレポレ」の外観・玄関ホールの改修工事を行いました

 r

 

2001年9月1日出会いの場ポレポレがオープンし、14年が経ちました。

建物の老朽化に伴い、改修工事として屋根の防水やタイルの補修、外装の塗装と洗浄を行いました。

道路際の植木も入れ替え、外観がきれいになりました。

また、玄関ホールは、床の張替や天井、壁の塗装、扉の交換を行いましたので、明るい雰囲気の玄関になりました。

玄関ホールは久留米のまちをイメージして、久留米つばきのピンクと安武そら豆のグリーンを、さらには久留米絣を使用しています。

来所された方々に気持ち良く過ごしていただけるよう、ソファーも準備中です。

今後は、メンテナンスも行いながら、みんなで建物を大切に使っていきたいと思います。

(課長 北岡 さとみ)

 

w q

久留米絣をあしらった扉           扉は安武そら豆のグリーン

新年のご挨拶  明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます

 

 

高齢者がぐんと増え、支援を必要とする人が急増しています。これまでの介護保険制度や障害福祉制度、また、現在のような地域、家族のあり方では支援者が足りなくなることが明らかです。

そこで、拓くでは、1対1の個別支援(点の支援)だけではなく、面的な支援づくり(地域住民や他事業所、医療、教育関係者、企業等とのつながりづくり)に6年前から本格的に取り組んできています。

これまで、三原さん家の「地域食堂」を始め、「笑顔の会」等のサロンの場づくりや住民による移動支援サービス「でてこんの」を援助してまいりました。今年、「地域食堂」は6年目、「でてこんの」は4年目になります。どちらも新たな段階にきていると思います。「でてこんの」を発展させて利便性が高く持続可能な新しい地域交通の仕組みを考え、「乗合いタクシー」を提案し、今年4月からのスタートができればよいと考えています。また、地域振興のために、農業者の皆さんにご協力をいただきながら安武名産のそら豆づくりにも励んでいます。これも今年で4年目です。1月末から全国に向けて予約注文を開始し、3月に発送する予定です。

そして、誰もが健康的に安心して地域で暮らすために、栄養バランスを整えた「食」、体の状態に応じた「食」を提供したいと考えています。昨年、管理栄養士を雇用しましたので、今年は栄養表示のメニュー記載や柔食、とろみ食の対応、配食サービスや弁当などの大量注文にも対応できるようにし、工賃アップにつながるよう努力したいと思います。

さらに、医療関係者と連携し、地域の受け皿がほとんどない医療的ケアが必要な障がい児・者に対して、医療職ではなく、介護職が喀痰吸引等を実施できるように、登録特定行為事業者(医療的ケア実施者)となり、12月より実践を始めました。今年3月には、喀痰吸引等研修(第3号)の養成研修を実施し、医療的ケアができる支援者の拡大をめざします。

今後とも「どんな状態になっても当たり前に地域で生きていく」ことを支える・創っていくことを原点として、地域に密着した展開をしていきたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願いします。

                               平成27年 元旦

 !cid_ii_14aa11c8afb1ffd7

無認可時代からつながってきた人がたくさん大晦日に買物にきてくれました。

有難うございました