社会福祉法人 拓く

11月2022

2022年11月、「拓く通信」第19号を発行しました。「第21回ポレポレ祭り 夢気球トリビュートコンサート」「グループホームの暮らし」「混ざり合いの暮らし」などを掲載しております。ぜひご一読ください。

hiraku_19_HP_700

 

 

〇「拓く通信」第19号 詳細は こちらへ → PDF第19号ダウンロード

 

2022年11月、「拓く通信」第19号を発行いたしました。

「拓く通信」は、障がいが重くても誰もが地域で暮らしてほしいと願い、「コミュニティづくり」に取り組む当法人の活動を、多くの皆さんに伝えるために制作した広報誌です。

年2回の発行を予定しております。

どうぞご一読ください。

 

〇配布場所(予定)

 出会いの場ポレポレ・夢工房・出会いの場Leo・各グループホーム

 

こんにちは、Leoです! 11月14日、福岡市舞鶴公園へ遠足に行ってきました。障がいがある子もない子も、年齢を問わず、一緒に楽しめる「インクルーシブ遊具」を体験しました。

 

 byrw  bvc mく

 

11月14日(月)、NPO法人久留米市手をつなぐ育成会(以下・育成会)、久留米市役所の皆さんと一緒に福岡市舞鶴公園へ遠足に行ってきました。

舞鶴公園には「インクルーシブ・プレイグラウンド」として遊具が試験的に設置してあります。

今回、久留米市都市建設部 公園緑化推進課&公園維持チームの方から育成会の皆さんに、「中央公園にも設置が決まり、体験した感想や意見を今後の参考にしたいので一緒に行きませんか?」とお話があり、育成会よりこちらにお誘いをいただきました。

 

当日は、育成会にて社会福祉協議会のバスを借りてくださいました。育成会と市役所の方々、Leoの親子、職員との賑やかな道中です。
さっそく、普段Leoで行っている「朝の会」です♪  キーボードの曲に合わせて、みんな元気に歌を唄い、日付確認、お名前呼び、といつも通りの楽しい朝の会となりました!

 

公園に到着! 子どもたちは目を輝かせて遊具に走っていき、お気に入りの物を見つけようと様々な場所を試し、楽しんでいる様子がうかがえました。保護者の方もお子様と一緒に遊具を体験され、気になった点を遊具説明の担当者に積極的に尋ねる姿が見られました。

さて昼食です。距離を保ちながらみんな輪になり食事をしました。保護者の方々の愛情たっぷりのお弁当を頬張りながら、子どもたちも嬉しそうに「おいしい!」と言いながら食べている姿が印象的でしたよ。

 

次に、私たち職員も遊具の説明を聞き、実際に体験してみました。

日頃お散歩で行っている公園の遊具は危険だなと感じる物も多いので、思いっきり「遊んでいいよ〜!」とは言えず、「そこは危ないからこっちで遊ぼうね」や「危ないよ〜!」という制止の声かけをすることも少なくないのですが、今回体験したインクルーシブな遊具では、そういった声かけがほとんど出ませんでした。子どもたちの「やってみたい」「試してみたい」との想いをしっかり発揮できる遊具になっているなと感じました。
色合いは緑や青などを多く使用してあり、目に優しく刺激が少なく、心を穏やかにするような感覚、それに刺激も盛り込んであり、揺れたり、回ったりなどの感覚遊びが楽しめる場所や遊具が多かったです。何より、安全、安心面には十分配慮され、地面は人工芝が敷かれ、遊具の通行部分が幅広く突起場所が少ない、丸みを帯びているなど、遊具全体の安全性を感じました。

 

いて

 

今回、久留米市に遊具を設置するにあたり、こうして実際に保護者の意見を反映され、想いを聞いてくださる取り組みが、自分たちの住んでいる地域でなされていることがすごく素晴らしいことだと思います。子を持つ親としても、保育士として務める側でも、有り難い機会、経験をさせていただいたことに感謝いたします。

令和5年5月、中央公園に「インクルーシブ・プレイグラウンド」が完成予定とのことです。
皆様、是非遊びに行ってくださいね! (出会いの場Leo 吉田 志穂美)

 

 

11月18日付けの第378号「シャイニング」を発行しました。「第21回ポレポレ祭り 夢気球トリビュートコンサート」「三潴祭りにお米パン納品」「ポレポレみんなで、DIYにチャレンジ!」を掲載しております。ぜひご覧ください。

No378_221118シャイニング500

 

 ※シャイニング 2022年11月18日号 No378  PDFダウンロード → こちらへ 

 

当法人は、2001年より「Shining(シャイニング)」を発行しています。

それ以来、発行を続け、今回の11月18日号で通巻378号になりました。

現在は、主に、出会いの場ポレポレ、夢工房、出会いの場Leo、グループホームなどを利用されている皆さんに、当法人の活動などをお伝えするために発行しています。

発行は月1回を予定しています。

ぜひご覧ください。

 

 

10月、「出会いの場ポレポレ」のみんなで、「DIY」にチャレンジ! 「良い1日にしましょう!」のメッセージを添えて、壁が生まれ変わりました。これからも利用者さんと色々なDIYに取り組んでまいります!

いうy700700

 

長年使ってきた「出会いの場ポレポレ」の活動部屋。その壁の色のくすみや穴が目立つようになってきたこともあり、合同会社H&A brothersの半田さんや田中さんに協力していただきながら、利用者さんたちがDIYにチャレンジしました。

まずは、壁のデザインを決める為に利用者さんに絵を描いてもらい、絵を組み合わせてデザイン作り。そのデザインを元に養生テープを貼るところからスタート。穴の空いた部分の補修をして、皆さんもペンキで色塗りにチャレンジ。経験したことのない作業に、「ここを塗っていい?」や「うまくできている?」と田中さんやスタッフに確認しながら、楽しく作業されていたのが印象的でした。

 

いmjg

 

壁の2度塗りが終わると、いよいよ模様を描いていく工程に移ります。自分達でも直接描くのはとても難しいので、プロジェクターでデザインした模様を壁に投影し、養生を貼り目印を作ってからペンキ塗り作業開始。そこでも、皆さん活き活きとペンキ塗りの作業をされていました。

最後に模様の横に文字入れをして完成です。皆さんからアイデアを出し合ってもらい、今回は「let’s have a nice day!」を採用。この「良い1日にしましょう!」のメッセージを見るたびに「前向きに元気に過ごそう!」と思えますね。

自分たちで考え、作り上げた模様が描かれた空間で、今後も利用者さんと沢山の時間を過ごしたいと思います。去年は、利用者さんと花壇を一緒に作ってきましたが、これからも皆さんと色々なDIYに取り組んでいきたいと思います。

(出会いの場ポレポレ 白數直基)

 

 んふ cxz

 

 

こんにちは、Leoです! 11月4日、子ども達は畑を駆け回り、野菜の収穫に励みました。今回も、ポレポレ農園の皆さんより「収穫においで」のお誘いをいただき、有難うございました。

hygf600

 

朝晩グッと寒くなりましが、毎日元気に登園するLeoの子ども達です。

11月4日(金)、Leoでは恒例行事となっております、ポレポレ農園での野菜の収穫に行ってきました。

子ども達もジャンボタクシーに乗ると、「ポレポレに行く!」と、わくわく!中には「お芋掘りに行く!」と去年の体験をしっかり覚えているお友達もいました!

ポレポレ農園に着くと、子ども達は慣れた様子で畑を駆け回りお野菜の収穫に励んでいました(笑)。

土の中から次々と顔を出すカブや落花生に、「おぉ~」「びっくりした」「うんとこしょ」等、回を重ねる度に、その時の感想やありのままの気持ちを表現するようになった姿に成長を感じ、嬉しく思いました。

 

cfr

 

旬のお野菜が採れるようになると、「収穫においで」と気にかけてくださる野田さんを始め、子ども達の為にとポップコーンやふかし芋を準備して、もてなしてくださる農園の皆さんにはいつも感謝の気持ちでいっぱいです。子ども達は、収穫が終わると椅子に座ってもりもりとお腹いっぱいになるまで食べていました。

これからも、自然を通して子ども達の心と体の成長を支援していけるよう努めたいと思うと共に、農園の皆さんには、いつまでも野菜作りを楽しみながら続けていただきたいと思っています。

今後もよろしくお願い申し上げます。

(出会いの場Leo 井元 ひとみ)

 

 cざ vfrxz

 

 

  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >