社会福祉法人 拓く

インスタグラム更新中です!「拓く 」と「夢工房」の日々の活動を発信しています。フォローをよろしくお願いいたします。

「拓く」と「夢工房」の日々の活動を、「インスタグラム」に投稿しております。

当法人のホームページでも、ご覧になれます。

トップページの画面上の「インスタグラム」のアイコンから、それぞれご覧ください。

以下のQRコードでも、スマホにて、ご覧になれます。

フォローをよろしくお願いいたします。

「拓く」インスタグラム            「夢工房」インスタグラム

●「インスタグラム始めました」 紹介頁(QRコード等)は こちらへ →

   

ホームページに、当法人の活動を紹介する広報誌「拓く通信」のコーナーを設けました。過去紙面はPDF形式で読むことができます。ぜひ、ご覧ください。

拓く通信のコーナーはこちらを ⇧ クリックしてください。

当法人は、広報紙「拓く通信」を発行しております。

「障がいが重くても、誰もが地域で暮らしてほしい」と願い、障害福祉サービス事業を始め、地域生活支援事業、そして、公益事業としてコミュニティづくり推進事業などに取り組む当法人の活動を、多くの皆さんに伝えるために制作している広報紙です。

今回、ホームページのトップページ(上部右)に「拓く通信」のコーナーを設けました。発行の度に紹介していきます。過去紙面もPDFにてご覧になれます。

〇創刊  2015年4月
〇発行  年2回 (2024年4月現在)
〇配布場所(無料)
 出会いの場ポレポレ・夢工房・出会いの場Leo・各グループホーム

「拓く通信」コーナーはトップページの上部右側   「拓く通信」の紹介頁です(一部)

こんにちは、Leoです! 3月24日、第4回卒園式を執り行いました。保護者の方々や子ども達に支えられ、助けられた日々。2024年度は、気持ちを新たに、さらに励んでまいります。

3月24日(日)、第4回の卒園式を執り行いました。今年はLeoの開所当初から通っているお友達の卒園という事で、当日を迎えるにあたって色々な想いがありました。開所したばかりのLeoにお子さんを預けていただき、信じてくださった保護者の皆さまには感謝の気持ちで一杯です。これまで保護者の方や子ども達に支えられ、助けられた日々を思い出します。そして、その想いは私達職員だけではなく、在園のお友達や保護者の方も同じでした。

今回、卒園式の会場飾りは、3月に福岡市内に引越しをされた「日高嘉子ちゃん」のご両親が、お礼の気持ちを込めて、と寄付してくださり、前日からご友人の方が装飾をしてくださいました。

そして、式典後の食事会では、保護者の方々が丹精を込めた料理を作ってくださり、お隣の川嶋さんが「お赤飯」を作ってくださいました。

また、「ぷらっと.荘島」の川嶋さん、藤野さんからも美味しい手料理が。廣岡さんは当日、料理作りのお手伝いを、秋満さんは卒園式の進行を担っていただきました。毎年ですが、本当に沢山の方々に支えられ、見守られ、今のLeoがあるのだと改めて実感した一日となりました。

式典はというと、3名の子ども達の良さが随所に散りばめられ、笑いあり涙ありの笑顔いっぱいの一日となりました。この場をお借りして皆さまに御礼申し上げます。後日、当日の写真を撮ってくださった秋山太さんからとても素敵な写真が沢山届き、思い出して、また胸が熱くなりました。秋山さん、快くカメラマンを引き受けてくださり有難うございました。

卒園児の保護者の皆さま、ご卒園おめでとうございます。皆さまに出会えた事、心より感謝しています。これから子ども達が羽ばたく姿を楽しみにしています♪ 

そして、今年度も無事に1年間を終えることができました。沢山の方々に支えられ、見守っていただき本当に有難うございます。

4月1日から新たに2024年度が始まりました。新しい職員、子ども達と共に気持ちを新たにがんばっていきたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

(出会いの場Leo 溝尻 博子)

2024年4月1日付けの最新版、第395号「シャイニング」を発行しました。「理事長あいさつ 利用者や保護者、そして地域の方々と力をあわせて、これから迫る困難に立ち向かい、未来を拓いていきたい」を掲載しております。ぜひご覧ください。

※シャイニング 2024年4月1日号 

当法人は、2001年より「Shining(シャイニング)」を発行しています。

それ以来、発行を続け、今回の4月1日号で通巻395号になりました。

現在は、主に、出会いの場ポレポレ、夢工房、出会いの場Leo、グループホームなどを利用されている皆さんに、当法人の活動などをお伝えするために発行しています。

発行は月1回を予定しています。ぜひご覧ください。

令和5年度「児童発達支援事業所における自己評価結果」及び「保護者等からの児童発達支援事業所評価の集計結果」を公表します

児童発達支援事業は、質の評価及び改善を行うにあたり、自ら評価を行うとともに、事業所を利用する障がい児の保護者による評価を受ける必要がありますので、今回、その結果を公表いたします。

利用者の皆様とそのご家族の笑顔あふれる未来のために、今後も職員一同研鑽を重ねながら、より良い支援ができますよう努めてまいります。

よろしくお願いいたします。

令和5年度 児童発達支援事業所における自己評価結果(公表) 

令和5年度 保護者等からの児童発達支援事業所評価の集計結果(公表)

2024年3月20日付けの第394号「シャイニング」を発行しました。「令和6年度に向けての事業について」「3月24日はLeoの卒園式 。出会いと別れの季節!」を掲載しております。ぜひご覧ください。

※シャイニング 2024年3月20日号 

当法人は、2001年より「Shining(シャイニング)」を発行しています。

それ以来、発行を続け、今回の3月20日号で通巻394号になりました。

現在は、主に、出会いの場ポレポレ、夢工房、出会いの場Leo、グループホームなどを利用されている皆さんに、当法人の活動などをお伝えするために発行しています。

発行は月1回を予定しています。

ぜひご覧ください。

ラグビーチーム「ルリーロ福岡」の皆さんがリーグワン参入‼ 私たちも駆け付けて祝いたい! 2月23日、ポレポレ利用者・ポレポレ俱楽部・地域食堂「そらまめ」の皆さんと一緒に、記念祝賀会に参加しました!

2月23日、「ルリーロ福岡」のリーグワン参入記念祝賀会が開かれました♪

「ルリーロ福岡」の皆さんとは、昨年から関わりを持つようになりました。うきはツアーで梨狩りと食事会を楽しみ、ラグビー試合の観戦!そして、なんといっても昨年の「第22回ポレポレ祭り」に参画、大活躍してくださった皆さんが、リーグワン(※)に参入されたのです!  たくさんの元気と感動を与えてくださる皆さんの新しい門出を、「私たちも祝いたい」との思いで、ポレポレ利用者・ポレポレ俱楽部・地域食堂「そらまめ」の皆さんと一緒に参加させていただきました。

当日、ホテルでの祝賀会でしたので、いつもよりおめかしして出発。少し緊張した面持ちの利用者さん。それぞれが「どんな場所だろう、人は多いかな、食事は何だろう」と道中では、さまざまな思いを馳せながら向かいました。

会場に到着し、玄関で温かく迎え入れてくださった「ルリーロ福岡」の皆さんを見て、利用者さんの緊張は一気にほぐれ、久々の再会を喜んでいました。「元気でしたか?」「会いたかったです」と会話する姿は、昨年の交流が楽しい思い出の一つになっているというのが分かる瞬間でした。

昨年の2022年春、うきは市で誕生したばかりの「ルリーロ福岡」は異例のスピードでリーグワンへの参入を果たしました。3名からスタートしたチーム。今では48名の仲間になり、数えきれないほどのパートナー、ファン、地域の方々に応援されています。

地域に根付き、ラグビーを通して「感動と笑いと夢を届けたい」と奮闘してきた1年半。ひとつの節目となるこの祝賀会に参列した私たち全員がエネルギーをいただきました。地域に根付いた活動をしてきたからこそ、地域に支えられ成り立っている「ルリーロ福岡」。「混ざり合い、共に生きる」を理念とし、多くの方と関わりを広げてきたポレポレにとって、何か通ずるものがあると思いました。

「とっても楽しかった!」「選手たち、かっこいいね!」という利用者さんからの声を聞き、新しい絆を大切にし、今年度も交流を深めていきたいと考えています。「また、会いましょうね!」と交わした約束を果たせるよう、楽しい企画を考えたいと思います!

(出会いの場ポレポレ 楠浦カーラ)

※「JAPAN RUGBY LEAGUE ONE」(ジャパンラグビー リーグワン)は、2003年から行われていた「トップリーグ」に代わり、2022年1月に開幕した日本最高峰の大会。現在は23チームが参加し、3つのディビジョンに分かれて開催されている。

2024年2月21日付けの第393号「シャイニング」を発行しました。「節分、豆をまいてみんなで鬼退治!」「作業(仕事)があるって楽しい!!」などを掲載しております。ぜひご覧ください。

当法人は、2001年より「Shining(シャイニング)」を発行しています。

それ以来、発行を続け、今回の2月21日号で通巻393号になりました。

現在は、主に、出会いの場ポレポレ、夢工房、出会いの場Leo、グループホームなどを利用されている皆さんに、当法人の活動などをお伝えするために発行しています。

発行は月1回を予定しています。

ぜひご覧ください。

こんにちは、Leoです! 1月は、「手話ワークショップ」で手話を学び、「雪合戦」も楽しみました。

1月27日(土)、「日本ろうあ協会」の方をお招きして「手話ワークショップ」を開催しました。Leoの子ども達や保護者の方、ぷらっと.荘島に通う子ども達が参加。絵本などを使って食べ物、生き物、色の名称を教えていただき、賑やかな雰囲気の中で、楽しく手話を学ぶ事ができました。実際に教えていただく事で、手話を身近に感じ、「手話のイメージが変わりました」との感想もいただき、とても有意義な時間を過ごす事ができました。

1月24日、久留米に雪が降り、子ども達も大喜びした時の写真も紹介します。溶けていない雪を探しに、Leoの裏手におられる坂口のおばあちゃん宅へ行きました。隣接するぷらっと.荘島の常連、緒方さんも加わって、雪合戦をしました。最後は坂口さんと記念撮影。また楽しい思い出ができました。 

今年度も残りわずかになってきました。来月には3名のお友達が卒園し、小学生になります。また、2名の方が引っ越しをされるということで、今のメンバーで過ごすのもあと少しになりました。残りの時間も一日一日を大切にしながら、楽しく過ごし、沢山の思い出を創っていきたいと思います。体調管理に気を付けてLeoらしく、元気に過ごしてまいります‼  

(出会いの場Leo 溝尻 博子)

2024年1月5日付けの第392号「シャイニング」を発行しました。「理事長、管理者からの新年のご挨拶」「12月、そら豆くれの市 報告」などを掲載しております。ぜひご覧ください。

※シャイニング 2024年1月5日号 

当法人は、2001年より「Shining(シャイニング)」を発行しています。

それ以来、発行を続け、今回の1月5日号で通巻392号になりました。

現在は、主に、出会いの場ポレポレ、夢工房、出会いの場Leo、グループホームなどを利用されている皆さんに、当法人の活動などをお伝えするために発行しています。

発行は月1回を予定しています。

ぜひご覧ください。